2004年06月17日

TV受信料:払わないと大変なことになりますよ

イギリスの国営放送、BBCは視聴者からの受信料で成り立っています。
これは日本におけるNHKの受信料に当たるものですが、彼らの取立ての厳しさをなめていると痛い目にあいます。

まず、イギリスで住居を借りて住み始めると、テレビを買う買わないに関わらず、毎月執拗に取り立ての手紙が送られてくることに気づくでしょう。

今回はなんと、その全文を翻訳して公開してみようと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーー

TVライセンス検査官が、まもなくお宅を訪問します!
TVライセンスはたったの一月10ポンド(約2000円)以下。
罰金はそれよりはるかに高額です!

居住者の方へ

私たちの記録によると、あなたはTVライセンスを支払われておりません。
私たちはこの地域を担当している検査官ですが、まもなくお宅を訪問させていただく予定です。

ライセンスを持たずに、テレビ番組の受信あるいは記録をする行為は法律で禁止されており、違反者は法廷により裁かれ、1000ポンド(約201000円)以下の罰金刑となります。

私たちは、あなたが最近こちらに引っ越してきたのかもしれない、ということは理解いたします。
もしあなたが以前の住所でTVライセンスをお持ちなのでしたら、新しい家に移す手続きをしてください。
しかしながら、もし新たなライセンスが必要なのでしたら、本日中に購入してください。

カラーTVの場合は110ポンド(約22100円)をお支払いいただけば、法的に裁かれる心配はありません。

もしあなたが最近ライセンスを購入済でしたら、お侘び申し上げます。

以上

ーーーーーーーーーーーーーーー

と、これが毎月来ます。
「知らなかった、とは言わせないぞ」、という態度で「支払わないと大変なことになりますよ」と言っている訳です。

小心者の筆者が、慌てて郵便局に行きライセンスを購入したことは言うまでもない。

また、手紙に書かれている検査官についてのくだりは、決してただの脅しではなく、実際に近所に住む友人のK君の家にはやってきたのだそうです。

彼の話によると、ある晩、急に検査官が訪ねてきました。
K君宅ではTVを一台持っていたので、その分のライセンスは購入していたのですが、どうやら検査官は「隠れてもう一台持っているんじゃないか」と疑っている様子。
そして、なんと各部屋を隅から隅まで探しまわり、無いことを確認するとようやく帰っていったとのことです。
なんともブラッドベリの未来小説のような話。

しかもそれだけではない。
彼らは「デテクターバン」、と呼ばれる恐るべき秘密兵器を備えています。
これは、車で走りながら周辺の家の電磁波をキャッチし、隠れてテレビを使っていないかどうかをチェックするマシン。
敵はなかなかのツワモノのようです。

というわけで、NHKの受信料と違っておとなしく払っておいたほうが身のためかと思うのですが、度胸のある人はぜひ踏み倒しにチャレンジしてレポートしていただきたい、と思います。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。