2004年06月20日

朝一番早いのは・・・ライアンエアー!

午前3時半。
まだ夜も明けきらないロンドン、ヴィクトリアの「コーチ・ステーション」には、どこからともなく続々と貧乏旅行者が集結する・・・。

そう、ここから「ライアンエアー(RYANAIR.COM)」をはじめとする格安航空会社が乗りいれるスタンステッドやルートン空港行きのバスが出るのです。

今イギリスでは、90年代の航空規制緩和により登場した格安系航空会社が大盛況。

もっと遅い時間にすればいいのに・・・、と思われるかもしれませんが、格安航空会社の出発便の殆どは、空港使用料の安い朝5時ー7時に集中しているため、仕方ないのです。

早朝のバスに1時間以上揺られて、ようやく空港に到着。

空港チェックインでは、チケットなんて高貴なものはもちろんありませんので、ネットで予約した際の画面を印刷したものと、パスポートを提示します。
渡される搭乗券は、しばしばどう見ても使いまわしの木札だったり、整理券みたいなものだったりしますが、気にしない。
裏に大きく「ライアンエアーはあなたを待たずに出発します。搭乗時間を守ってください。」と書かれています。
なお、機内預け荷物は15キロ以下のことが多いので注意しましょう。

セキュリティチェックを受け、ゲートへ向かうと、すでに黒山の人だかり。
わたされた整理券(?)の番号順に搭乗します。
もちろん、機内へのボーディングブリッジやバスなどがあるはずもなく、大雨の中でも自力で機体まで歩きます。

機体は新しいボーイング737が多いですので安心ですね。
当然ながら全席自由席ですので、窓際だろうと通路側だろうと、前だろうと後ろだろうと、好きなところに座ってください。
慌てなくても大丈夫です。席は人数分ありますから。

座席は、汚れてもすぐにふき取れる合成レザー。
やや硬いですが、短時間なら問題なし。
ちなみにリクライニングは付いていませんので、背中は常に直立のまま、我慢してくださいね。
背筋が伸びて健康によさそうじゃないですか。

全員搭乗すると非常時の脱出などについての説明がはじまります。
が、ビデオなどあるはずもなく、すべてアテンダントの実演です。
この方がかえって頭に入りそうですね。
ちょっと恥ずかしそうに実演しているので、じっと見つめてあげてください。

さて、いよいよ出発・・・のはずなのですが、滑走路を前にして一時間以上離陸待ちをすることも珍しくありません。
滑走路は1本しかないのです。
膨大な数の出発便が短時間に集中しているのですから、そもそも時間通りに出発できるはずがないのです。
気長に待ちましょう。
僕など、その間にうとうとしてしまい、30分くらいして起きたところ、まだほとんど動いていませんでした。

さて、いよいよ離陸です。
一度離陸してしまえば普通の飛行機と大して変わりません。
妙に低いところを飛ぶとか、きりもみ飛行をするとか、そんなこともないはず。

一つ違うのは水平飛行に入ると機内販売が始まり
「ビールに、お弁当、おつまみ、サンドイッチはいかがでしょうか?」
みたいな感じで売りにきますので、一瞬、新幹線に乗っているかのような錯覚に陥ります。

おおよそ1−2時間で目的地に到着。
「着陸態勢に入りますので、座席位置を元にお戻しください」
なんてことは言いません。
そもそもリクライニングは付いて無いのですから。

到着したら、こんどはターミナルまで歩いて移動して終了です。
意外とあっけないものです。

そんなわけで、みなさんもヨーロッパに来た際にはぜひ体験してみてくださいな。
ちなみに、僕がどこへいったのかというと・・・、それはまたの機会に書きたいと思います(^^;)



posted by fumifumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。