2004年06月30日

ロンドン地下鉄が24時間ストに突入

直前まで労使交渉が続けられたものの、結局29日の午後6時半より、24時間のストに突入してしまいました。
しかもこのストライキ、24時間と言っておきながら、30日の深夜いっぱいまで続くとのことで「それなら30時間ストライキと言わんかい!」と言いたくなります。

今日のロンドンは、バスが「スクランブル体勢」の大増発を行ったとのことで、たしかに僕が利用したバスも1分おきに途切れなく来ていたほど。
それでも混雑で乗り切れないバスが多く、僕の場合、普段は地下鉄と徒歩で40分の道のりを、バス3本乗り継いで1時間半以上かかってしまいました。

今回のストライキ、イブニング・スタンダード紙は一面に大きく「これは悪夢だ」の大見出し。
また、ダーリング運輸大臣が「まったく意味の無いものですな」と発言したり、先日再選されたばかりのリヴィングストン市長も「私が地下鉄職員なら、今日も死ぬ気で働きますよ」なんて言ったり、イギリス人はストに理解があるのかと思いきや、意外と風当たりは強いようです。

それでも、イギリスに住む限り、今後もストライキにはたびたび遭遇することになると思います。
なにせこの国は「労働者が誰よりも偉い」国ですからね・・・。






posted by fumifumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。