2004年10月02日

男に背後から襲われる

物騒な事件も増えてきて、日本では年々治安の悪化が問題化していますが、イギリスではどうなのでしょうか。

先日のサンデータイムズによると、長期にわたる好景気や失業率の低下を反映してか、全体の犯罪件数は減少しているものの、下記のデータが示すように、性犯罪や殺傷事件などといった凶悪犯罪に関しては、逆に増加しているそうです。

          2003年4−6月   2004年4−6月
性犯罪         7105件       7798件    +10%
暴力事件      135996件     148078件    +9%
窃盗         17495件      14735件    −19%
住居侵入       56867件      43821件    −30%

合計        849234件     792859件    −7%


一般的には、イギリスは治安の良い国、とされていますが、だんだんそうも言っていられなくなってきたのかもしれません。

同紙によると、近年、若い女性がアルコールを多量に摂取して泥酔するケースが増えていることが、性犯罪などの被害にあう事例が増加している背景となっているのではないか、と解説していました。
やはり、欧米では自分の身は自分で守る、というのが鉄則のようです。

また、今の労働党政権が積極的な移民受入れ策をとっていて、移民入国者が年13万人にまで急増していることも、治安悪化と無縁ではないように思います。

実は筆者も他人事ではなくて、今日、ちょっとヒヤッとするできごとがありました。

夜8時半ごろ、ロンドン地下鉄のゾーン2のE駅で電車を待っていたときのこと。
20歳くらいの背の高い黒人の男が、ふいに後ろから声をかけてきました。
(この男、あやしい・・・)
と思っていたところ、よく聞き取れなかったのですが、
「ファッキンなんたら〜」とか言ってて、それからなんといきなりガバッと抱きついてきた!
少しもみあいになったものの、なんとか振り払って逃げましたよ。
そしたら、
「ちょっとお話したいつもりだったのに・・・」
とか、わけの分からないことを言いながら、立ち去っていきました。
でもはっきり言って、目が怖かった・・・。
1年ちょっとの在英期間中で、もっとも身の危険を感じました。

特に治安が悪いエリアというわけでもなかったのですが、駅も周辺もやや薄暗くて人通りがそれほど多くないところだったので、夜この駅を利用するのはやめよう、と思いました。

もうすぐサマータイムも終わってどんどん暗くなってくるのも早くなるし、やはり薄暗いところや人の少ないところなど、細心の注意が必要なようです。
ロンドンも含め、イギリスは一見のどかな雰囲気なだけに、警戒を怠らないように気をつけたいものです。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。