2004年10月11日

ヴァージン・ダブルベッドで熱い空を飛ぶ

ロンドンの秋は寒い・・・。
特に先週から急に寒くなってきたようで、最低気温はすでに連日10度を切り、早くも暖房が必要なシーズンになってしまいました。

しかし、そんな肌寒いイギリスの秋を、一人で熱くしている男がいるのです。
その名は、ご存知サー・リチャード・ブランソン。
日本でも人気のヴァージン・アトランティック航空の名物会長です。
このところヴァージングループは、独自の宇宙旅行事業の計画を発表するなど、華やかな話題を提供することに事欠きませんが、先日のサンデータイムズ紙にさらなる仰天計画が報じられていました。

同紙によると、このほど大西洋便をはじめとする3路線に、業界初のダブルベッドの導入を決定したとのこと。
紙面には、ダブルベッドで人気TVプレゼンター・ダニー・ベアーさんとともに、嬉しそうにベッドインしている同会長の様子が写真つきで大きく報じられていました。

料金はロンドンーNY間で、往復1人あたり約2000ポンド(約40万円)から。
同社によると、このダブルベッドはボーイング747型機に設置され、前後の席とは仕切りでさえぎられているため、文字通り2人だけの空間を楽しむことができるそうです。

しかし、これに猛反発しているのが、保守強硬派で知られる野党・保守党の前「影の内閣」内務大臣のアン・ウィドコム氏です。
「もしダブルベッドでみだらなことが行われたとしたら、周囲の乗客には、物音など見聞きしたくない人もいるのですよ。はしたないですわ。これは不幸なことです。絶対に反対です。」
と、すっかりご立腹の様子です。

しかし面白いことに、与党労働党の下院・運輸委員会メンバーのブライアン・ドノホー氏は、まったく正反対の意見でした。
「いやあ、結構なことじゃないですか。私自身、妻とともにこのダブルベッドに乗るのが、今から楽しみで楽しみで、とても待ちきれませんよ。」
と、実に嬉しそう。

さて、当のヴァージン・アトランティック側は、ダブルベッドを利用する乗客に対し、どのような対応をとるのでしょうか。
同社のスポークスマンは、
「われわれといたしましては、たとえセックスが行われようとも、周囲のお客様から苦情が来るなどの事態にならない限り、もちろんお邪魔をしたりする考えは持っておりませんのでご安心ください。」
とのことで、どうやら黙認する考えのよう。
そして、機内にはコンドームまで搭載することも考慮されているとか。

いかにも性に奔放なイギリスらしいアイディアですが、どんな評判となるのか、今から気になるところです。
しかしながら、筆者には利用する予定がまったく無いことは言うまでもありません。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。