2004年10月15日

「地球の暮らし方」への抗議

筆者は非常に慎重な性格なので、イギリスに来る前から情報収集を怠らず、万全の準備の上でやってきました。

その中でも特に役に立ったのが、ダイヤモンド社刊「地球の暮らし方」です。
この本は、住まい、学校、仕事の探し方からビザについての情報まで、安全で快適なイギリス生活のノウハウを、イギリスに住む先輩たちが書き下ろした”暮らす”ための本格マニュアル(本の帯から丸写し)。

とにかく、とくに最初の1,2ヶ月は、この本のおかげでかなりスムーズにイギリス生活に入れたと言っていいでしょう。

しかし、筆者が唯一この本について抗議したい部分があります。
それは下記の一節。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「銀行、郵便局は信用が売り物」という日本の常識は、こちらでは通用しない。せめて金額だけでも正確に処理してほしいところだが、間違いも多いようだ。ステートメントが送られてきたり入金/引き出しの際には、よくチェックすることを心がけたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この文は、読者投稿なのか、あるいは編集部が書いたのかは分かりませんが、いったいいつの情報をもとにしているのでしょうか。
ひょっとして30年前の話じゃないの?
そもそもイギリスの銀行に失礼な話だし、ロンドンといえば、ニューヨークと並ぶ金融の先進地ですよ。銀行には安心してお金を預けてよいことをここに明言しておきます。

ところで、そんなある日のこと、大家から電話がかかってきました。
「ちょっと、家賃をいつまでも送ってこないのは、いったいどういうわけ!?」
ぷるぷると怒りに打ち震えているのが、電話越しに伝わってきます。

え・・、そんなはずは・・・。
もう2週間も前に、ちゃんと振り込んだはず。
ちゃんとレシートだって持ってる。

「ちょっと待って。銀行に確認してみます。」
そう言って、あせる筆者は、あわててA銀行に電話をしました。

そして相手にレシートの確認番号(?)のようなものを伝えると、A銀行の行員は

「ちょっと待ってて。今探してみるわ。」

と言われ、待つこと5分。

「あった、あった。探したらあなたのお金、見つかったわよー。今から送金するわね。」

「あ、それはよかった。お願いします〜。」

・・・。

ちょっと待て!
お前ら、いったい、俺の大切なお金をどこにしまいこんでいたのだ!
ありえねえ・・・。

ちなみに経営不振のA銀行は、その後スペインの銀行に買収されてしまいました。
すべて消えてなくなれ、イギリスの銀行!!
・・・ということで、「地球の暮らし方」の情報はきわめて正しかったのでした。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。