2004年10月16日

イギリスのスキンケア

ロンドンというと雨が多いイメージかもしれませんが、実はかなり乾燥しています。
うっかりしていると、すぐに肌がガサガサになってしまいます。
僕もうっかりしていたので、すぐに肌がガサガサになってしまいました。

そのような事態を回避し、筆者が目指す鈴木その子もびっくりのぷるるん美白をキープするためには、保湿力の高い洗顔料やローションなどが欠かせないと言えるでしょう。

イギリス人女性は、やはりスキンケアにはかなりのお金をかけているのだろうか、と思っていたところ、先日のBBCニュースで面白い話が出ていました。
ヨーロッパ各国の国民が1年当たりフェイシャル・スキンケアにかける金額を比較したところ、以下のように、イタリア、フランスに大きく離され、とくにフランスには3倍近くもの差をつけられているとのこと。

フランス: 22億ユーロ (約3000億円)
イタリア:11億ユーロ (約1500億円)
英国:7.9億ユーロ (約1100億円)
スペイン:5.0億ユーロ (約680億円)

かろうじてスペインには勝っているものの、イギリスの人口がスペインの約1.5倍であることを考慮すれば、一人当たりの消費金額はほぼ同じ。
このデータを見ただけでも、イギリス人がいかに美容にお金をかけていないかが如実に現れていると言っていいでしょう。

それにしても、トップのフランスでも女性1人あたりにしたら1年で1万円ほど。ここに日本のデータはありませんが、筆者が想像するに、もし日本を加えたらダントツのトップになるのではないでしょうか。

筆者が思い出すのは、東京の大学時代の友人で美容外科に進んだK君です。
彼は大学院で研究に励む傍ら、週2回ほど、某大手チェーンのO美容外科でアルバイトをしていました。
美容外科といってもバイトですから、彼の仕事は、せいぜい患者さんの顔に、しみとり用クリームを塗るだけという簡単なものだったそうです。
それにもかかわらず、同病院は月60〜70万円ものバイト代をくれたとか。
時給になおせば約1万円!

この話を聞いたときは、僕も医学部、それも美容外科に進めばよかったなあ、と本気で悩んだものです。
でも、よく考えてみたら、筆者はイギリス人も顔負けのおおざっぱな性格。細かな作業はとても無理です。いや、でも時給1万円ならできるかな(どっちだ・・・)。
というわけで、このエピソードを聞いただけでも、いかに日本人女性が美容に多額のお金を投入しているかがうかがい知れます。

でもここからちょっとまじめな話になりますが、はたしてそこまでお金をかけて得られる美しさが真の美しさと言えるのでしょうか。
それよりも、もっと内面の美しさに磨きをかけるべきではないでしょうか。
筆者の目には、周りの目を気にせずのびのびとしているイギリス人女性の方が、日本人女性よりもずっと生き生きとして見えます。
病的なまでに美容にこだわる日本人女性と、あくまでナチュラルで明るいイギリス人女性。筆者がどちらかを選ぶとしたら・・・やっぱ日本人だな。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。