2004年10月23日

昼休みに酒を飲む!?

筆者のラボでは、金曜日にみんなで近所のパブに出かけます。
パブといっても、歌舞伎町にあるようなエッチななんたらパブに行くのではなくて、パブリックハウスの略で、イギリスではどこの街角にもある憩いの場なのです。
多くのパブは昼にはランチメニューも提供しているので、フィッシュアンドチップスなどイギリスらしい昼食をとることができます。

ところが、このパブで驚いたのは、午後も仕事があるにもかかわらず、同僚のイギリス人の多くがビールを飲むことです。
そもそも筆者はワイン派なのでビールはほとんど飲まないのですが、いくら金曜日だからって昼間っから酒なんて飲むか・・・?とはじめは思ったものです。

しかし、このほどぺニンスラ・エンプロイメント・ロー・コンスタンシーが行った調査によると、なんとイギリスの会社員のうち68%が、ランチにアルコールを飲むと答えたそうです。
またもう一つびっくりしたのは、その理由として最も多いのが、「アルコールを飲まなければリラックスできないから」だとか。
なんと安直な理由でしょうか。
まるで、横浜市営地下鉄の「新横浜」駅の一つ北の駅が「新横浜北」駅というくらいの安直さです。
ちなみに「新横浜北」駅は、数年前、新横浜と間違えて降りてしまう乗客があまりに多かったため「北新横浜」駅に改称されたのですが、どちらでも大して変わらないと思うのは筆者だけでしょうか。

・・・話を元に戻しますが、さらにイギリス人の33%は週に3回以上アルコール飲料を含むランチ(リキッド・ランチ)をとり、76%はリキッド・ランチをとったあと、軽く酔っ払った状態で会社に戻ると答えています。
日本だったら、お前らみんなクビだよ・・・とも思うけど、よりリラックスして生活できることが仕事よりも大事、というのが、いかにもブリティッシュな発想のようです。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ☆英国衝撃の食事情! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。