2004年10月31日

祝日を増やそう

時のたつのは早いもので、今日でついに10月もおしまいです。
ところで、イギリスでは10月の最後に祝日を増やそう、という運動がおきています。
具体的には、10月の最終月曜日をバンクホリデーにしよう、という案です。

さて、日本にいる方は、いきなりバンクホリデーといわれても「それって何のこと?」という方や、「いぇ〜ぃ!め〜っちゃ、ホリデ〜ィ♪」とどう違うの? という方もいらっしゃることでしょう。

説明しよう。
イギリスでは、多くの公休日をバンクホリデーと呼び、もともとは銀行が法律により休業することから、このように呼ばれているのです。
そして、その多くは月曜日です。
イングランドにはバンクホリデーが年6回あって、具体的には、元日、4月のイースターマンデー、5月のメーデーとスプリング・バンクホリデー、8月のサマー・バンクホリデー、12月のボクシングデーです。

最新の調査によると、英国人の8割が、もっとバンクホリデーが必要だ、と答えています。
そして、そのうちの半数が、10月の最終月曜日が好ましい、と答えているのだそうです。

調査を行った労働組合TUCのスポークスマンが、さっそくBBCニュースに出演して、以下のようなことを話していました。
「ヨーロッパ各国は平均して年11日の休みがあるのですよ。それに比べてイギリスはたったの8日です。これを見ても、いかにイギリス人が極度に働きすぎているかがお分かりになれるでしょう。適度に休みを入れることで、仕事の効率もいっそう上げることができるのですよ。」

なりほどー、と一瞬だまされそうになりましたが、そうすると年15日も祝・休日がある日本は怠け者ということになるのでしょうか。
なんかへンだぞ。

こんな甘ったれたことを言うイギリス人には、二宮金次郎が苦労して勉学に励んだ話や、羽賀研二が努力して借金を返済した日本の美しい逸話をとくとくと言い聞かせてやりたいところです。

それはともかく、イギリスには8月から12月まで祝日がまったくない上、10月下旬以降はハロウィーン、ガイ・フォークスデーなど国民的行事が続けてあることもあって、たしかに休みを入れるにはちょうどいい時期なのかもしれません。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。