2004年11月30日

増える休暇と出生率

イギリスに来てびっくりしたことの一つは、同僚の多くが「育児」を理由に頻繁に休みをとったり、早退したりすることです。
それも女性だけではなく、男性も毎週のように休みをとります。

もちろん、日本にいたときにはこんなことはまったく考えられなかったですが、よく考えてみたら、この国では2000年にブレア首相自ら2週間の育児休暇をとって支持率を回復させたというエピソードもある国です。
それだけ育児休暇が奨励されているということなのでしょう。

日本でもこんな政治家がいれば面白いのですが、日本の首相の育児といっても、せいぜい息子をサントリーのビールの宣伝に出演させた人の話くらいしか思い浮かびません。
そもそも年寄りの政治家が多い日本では、43歳で首相になったブレア氏のように、在任中に子供が生まれるというケースは当分なさそうです。
ちなみに、筆者にも子供が生まれるというケースは当分なさそうです。

ところで、育児休暇制度の推進は、もう一つの大きな効果があるようです。
ちょっと長くなりますが、先日の朝日新聞の社説に、こんな話が紹介されていました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
・・・英国は00年から官民挙げて「仕事と生活の調和策」に取り組んできた。

従業員9万4千人を抱える最大手の電信電話会社は正社員に在宅や短時間の勤務を認めた。いまは7千人が自宅で働き、6600人が短い勤務である。

離職率は3%にまで下がり、産休後に職場に戻る女性が98%になった。社員を募集する費用など年間100億円近い経費が減り、生産性は30%も上がった。

仕事と生活の調和策を進めると、企業にとってどんな損と得があるのか。政府は、調和策を取り入れたい企業や組織に無料でコンサルタントを派遣する。この3年間で22億円をかけて448社を支援した。どの会社も業績を上げている。

フルタイムとパートタイムの不合理な差別を禁じる法律もつくられた。

英国政府が仕事と家庭の両立を進めてきた主な理由は労働力の確保と生産性の向上だ。働きやすくすることで国民に自立してもらい、福祉にかかる費用を減らすねらいもあった。

そこに、思わぬ効用が加わった。90年代に入って下がり続けていた出生率が、01年の1・63を底に03年には1・71へと上がったことだ。願ってもない大きなおまけだった。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ご存知のように、日本の出生率はじわじわと下がり続け、1.29にまで落ち込んでいます。
イギリスも日本と同様、年金財政が破綻の危機に直面していることもあって、労働力の確保が重要な課題とされているだけに、日本にも参考になる話ではないでしょうか。

一般的に、女性の社会進出が進んだために出生率が低下したと思っている人が多いのですが、実はこれは間違いで、下の図のように先進国ではスウェーデン、デンマークなど女性就業率の高い国ほど出生率が高く、スペイン、イタリアといった女性就業率の低い国の方が出生率が低いという、U字型のカーブを描くような傾向があります。

birthrate
(経済産業省ホームページより)

これは、出生率を上昇させるためには、女性が働きやすく育児がしやすい職場作りが何よりも重要である、ということを如実に物語っているといえるでしょう。
そして、女性にとって働きやすい職場とは、実は男性にとっても働きやすい職場と言えるのではないでしょうか。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

TVライセンス再び

筆者のイギリス滞在もいよいよ残すところ3ヶ月です。
アメリカ横断ウルトラクイズで言ったら、バラマキクイズが終わったあたりといったところでしょうか。

しかしながら、筆者のもとにはまたしてもイギリス人の魔の手が・・・いや、請求書がやってきました。
今回はTVライセンスです。

イギリスに来ると、下の写真のようにTVライセンスの支払いを喚起する広告があちこちに張られていることに気がつくでしょう。

what

また、地下鉄の中にも同様の広告があります。

それだけでなく、TVを見ていても、ラジオを聴いていても、しょっちゅう支払いを求める広告を目にする(耳にする)ことになります。

このTVライセンスは、日本でいうNHKの受信料に相当するものなのですが、その取立ての恐ろしさはNHKの比ではありません。
不払いの罰金は1000ポンド(約19万5千円)。
「デテクターバン」という電磁波をキャッチする装置を備えた車が町を巡回している上、取立人には、居住者の同意を得ずに立ち入り調査をする権限があり、これを拒否すると警察に通報されて逮捕となるのです。

とても日本のように「家にはTVがありませんので」などとインターホン越しに断ることもできないし、「家はテレビ神奈川しか見ないんです」とか、「日本では不倫は文化なんです」といった言い訳が通用する雰囲気でもありません。

あと、もう一つ納得がいかないのは、筆者のように残り3ヶ月しか住まないと分かっていても、1年分121ポンド(約2万4千円)を払わなければならないことです。
日本でいうと、岩手県議にもなった覆面レスラーのザ・グレート・サスケが、昨年、大仁田厚の刺客ポーゴに覆面を剥がされたにもかかわらず、覆面を2枚かぶっていたために事なきを得た、というのと同じくらい、どう考えても納得がいかない話です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

日本へ国際電話その2

イギリスから普通に日本に国際電話をかけようとすると、相当の金額がかかってしまいます。
BTの固定電話からだと、日本へ1分97.45p(約195円)(2001年)なので、これではとてもしょっちゅう使うわけにはいきません。

これよりも安く済ませられるのが、多くの会社が出しているプリペイドカードで、スウィフトコールやバナナカードなどがあって、これだとだいたい1分7〜8円くらいでかけられます。
ニュースエージェントに行けば必ず置いてあるので、入手しやすいですし、使い方もカードに書いてある暗証番号とガイドに従ってアクセス番号にかければよいだけなので簡単です。
これらのカードは日本のテレホンカードのように公衆電話に差し込んで使うものではないのですが、はじめ機械に一生懸命差し込もうとしたのは決して筆者だけではないに違いありません。

しかし、それよりもさらに圧倒的に安いのに意外と知られていない方法は、ADSLなどのブロードバンド環境があることが前提になってしまいますが、インターネット電話を使う方法です。
筆者は、BIGLOBEのDIALPAD というサービスを使っていますが、これだと日本の固定電話へ3分9円でかけることができるので、非常に重宝しています。
この料金だと、もはやまったく国際電話であることを意識しなくてすみますね。
ちなみにNIFTYでも、同様のサービスを行っているようです。

また、ヘッドセットマイク(2000円前後)の購入が別途必要になるものの、使い方はいたって簡単です。
パソコンに向かってしゃべることになるので、普通の電話とはちょっと雰囲気が違い、電話オペレーター風になりますが、慣れればまったく問題ありません。
イギリスだけではなく、海外在住の人に広くお奨めの方法です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

とっておき国際電話法

筆者の場合、忙しかったり体調が悪かったりして日記が書けないときは、たいてい後日に何本かまとめて書くのですが、どうしても最新の日記に比べて下のほうの日記は目立たなくなってしまいます。
そこで、今回はこの間隙を利用して、筆者のとっておきの国際電話法をこっそり教えてしまおうという企画です。

と、その前に、この週末に日記が書けなかったのは、情けないことに肩を寝違えてしまい、動けなくなっていたからです。
寝違えといっても、今回はそんじょそこらのハンパなものではありません。
発症したのは土曜日の夕方のことでした。

そろそろ起きようか、とむくっと起き上がったとたん、

痛ぇ〜!!!

ひえええ。
気絶するかと思った。
はぁ、はぁ・・・。

どうも変な体勢で寝てしまったらしく、左肩から肩甲骨の後ろの背中が、ちょっとでも動かそうものなら悶絶しそうに痛いのです。
というか、呼吸するだけでもすでに相当痛い。
そもそも肩を寝違えるなんてこと自体、初体験です。

これはもう、あきらめてこのままもう一晩寝るしかない!と思ったものの、ちょっとでも体勢を変えようものなら痛さで涙が出そうなほどなので、カタツムリ並みにじわじわと体勢を動かしながら、30分ほどかけてようやくベッドに逆戻りしました。
全身からどっと冷や汗の嵐で、そのままぐったりと寝てしまいました。

そして、数時間後、ようやくやや回復してスープを少し飲んだものの、そのまま再び深い眠りの底へ。
次に起きたのは翌日曜日の朝です。
まだちょっと痛いけど、ほぼ日常的な動きは問題なくできるまでに回復していました。
よかったよかった。
それにしても、ほぼ丸一日寝続けるとは・・・。

ちなみにあとからいろいろ調べたところ、どうやらタイガー・ウッズも今年は左肩から背中にかけての痛みにずっと悩まされていたそうです。
ということは、メンデルの法則により、この時点でほぼ「筆者≒タイガー・ウッズ」といってもよいことになります。

というわけで、肝心の国際電話については次回です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

倫敦のかわいいリスたち

ロンドンの公園を散歩してると、下の写真のようなリスとしょっちゅう出くわします。

リス

こういったかわいらしい小動物との出会いも、ロンドンでの散歩の楽しみの一つ。
しかし、現在ロンドンで見かけるリスは、実はそのほぼ全てが北米原産のハイイロリスなのをご存知でしょうか。
イギリス原産のアカリスは新たに移入されてきたハイイロリスによって北に追いやられ、今では湖水地方やスコットランド、ウェールズの一部で見られるのみなのだそうです。

ちなみに、ロンドンのリスはしばしば家庭ごみをあさるなど、おおよそそのかわいいイメージに合わないことをやってのけます。
とはいえ、筆者は大のリス好き人間。
暇なときにはリスを主人公にしたポエムを書き、マスコットがリスの大宮アルディージャを熱心に応援し、リストラ対策にも余念がないほどのリス好きなので、公園を通りかかったときにはいつもリスがいないか探しています。
イギリスに来てから、すっかり公園の散歩のとりこになってしまいました。
とくに、早朝の散歩が気持ちいいです。

日本にいたときは、週末には午後3時まで寝ているのも普通だった僕が、イギリスに来た翌日には朝6時におきて公園に散歩に出かけてしまったという事実を見ても、いかにイギリスの早朝の散歩が魅力的なものであるかがお分かりいただけるでしょう。
尚、時差の関係でイギリスの午前6時は日本の午後3時に当たる、などという些細なことは、上記のエピソードとは断じて何の関係もないことは言うまでもありません。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。