2004年11月25日

英国の悲惨な鉄道の謎

下の掲示板の写真を見ていただければ一目瞭然にお分かりかと思いますが、イギリスの鉄道はやたらと遅れます。

おくれ

これは、たまたま写真を撮ったときに特別な遅れが発生していたというわけではなく、イギリスの鉄道の定時運行率は約78%(2001年)なので、ごくごく通常の様子で、いつもこんなものなのです。
イギリスにも一応、鉄道時刻表はあるものの、その信憑性は日本でいえばせいぜいラーメン占い回転寿司占いと同程度といっていいでしょう。
ちなみに、回転寿司占いの診断によると、筆者は「アワビ人間」でした。
たしかに言われてみると、筆者の髪の毛は巻貝のように天然パーマだし、かっぱ巻き人間よりは高級感がありそうです!
いやあ、よく当たるなあ・・・って、オイ!

さて、実はこのイギリスの運行率の数字は、なんと10分以内の遅れ(長距離以外は5分)はすべて定時としたときの実績です。
おそろしいことに、イギリスでは10分以内の遅れは遅れとは見なさないのです。
ちなみに、JR東日本では、1分以上を遅れとしたときの在来線の定時運行率が87%(1999年)ですから、いかに大きな差があるかがお分かりいただけるでしょう。

もう一つ、不思議なのは、何番線から電車が出発するのかが直前まで分からないことです。
発表されるのは発車の2,3分前、なんていうことも決して珍しいことではありません。
そのため、掲示板の前には下の写真のように、大学受験の合格発表を待つ受験生のような人だかりがいつもできています。

発表

うう、これを見ていたら何だか受験生時代の忌まわしい記憶が・・・。
お、おちつけ、受験はもう終わったんだ。
XX大学め〜。はあ、はあ・・・。

と、このように、イギリスの電車に乗るのは大変なストレスなのです。

イギリスの鉄道政策の失敗は、94年の分割民営化に端を発するといわれています。
イギリスの民営化方式が日本と大きく異なるのは、列車を運行する25の会社と、線路の管理を行う会社「レールトラック社」を分けるという、いわゆる「上下分離」方式を採用したことです。
これにより、複数の運行会社が同一の路線で競いあうといった状況が生みだされたのですが、死傷事故が相次いだ上、あろうことか01年にはレールトラック社が経営破たんに追い込まれるという大混乱に陥りました。

その後、非営利団体のネットワークレールにより線路の管理が引き継がれ、09年までに定時発着率を90%以上にまで引き上げるという目標が立てられています。
しかし昨年1年だけで5回の脱線事故がおきているなどの現状を見ると、目標が達成される確率は、おそらく回転寿司占いの的中率よりも低いのではないでしょうか。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

ロンドンのXmas電飾

イギリスは早くもクリスマスショッピングの季節に入って、デパートも夜11時まで開いているところがあったり、遅くまでとても賑やかです。

今日は、先週に点灯式があったばかりのリージェント・ストリートのクリスマス・イルミネーションを見に行ってきました。
実はリージェント・ストリートとクリスマス・イルミネーションといえば、日本でいうと橋本龍太郎元首相と日本歯科医師連盟のように切っても切れない密接な関係にあって、今回でちょうど50周年にあたるのです。

ロンドンの電飾

今年は35万個の電球が使用され、ディズニーの新作映画「Mr インクレディブル」がモチーフになっているとのこと。

ただ、もちろん綺麗なことは綺麗なのだけど、正直なところ最近の東京のイルミネーションに比べると華やかさが今ひとつで、ちょっと見劣りする感は否めません。
ロンドンにももうちょっと頑張ってもらいたいものです。
そうしないと、女の子を口説くときの勝率も下がってしまいそうではないですか。
とはいえ、もちろん筆者は一人で見に行ったので、そんな心配はいりませんが。
いやあ、よかったよかった。
ははは。

これから12月にはいると、一般家庭でもあちこちで綺麗な電飾が見られるので、ひそかに楽しみにしている季節です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

Xmasプディングの魅力

クリスマスの2ヶ月も前から、イギリスのスーパーにはクリスマスコーナーが大々的に出現し、クリスマス・プディングなどが所狭しとならべられます。
ちなみに下の写真が、筆者が買ってきたクリスマス・プディングの実物です。

クリプリ

てっきりクリスマスケーキのような華やかなものを想像していたので、最初はあまりに地味な外観にびっくりしました。
見た目だけでクリスマスケーキと比べたら、まさしく月とすっぽんです。
クリスマスケーキが新幹線「のぞみ号」だとすれば、プディングの方は「たにがわ号」。クリスマスケーキがプロゴルファー猿だとすれば、プディングの方は、ミスターXの手下の日影選手、といったところでしょうか。

ちなみに、日影選手は徹底的にツキに見放された男で、日本アマチュア選手権に出場したときには、猿とデッドヒートを繰り広げるものの、終盤になって足場が崖崩れを起こしてしまって谷底に転落。
大怪我を負って、そのままリタイアする羽目になります。
普通そんな大事故があったら即試合中止になりそうなものですが、どういうわけか試合は何ごともなかったかのように続行され、猿が優勝してしまいます。

日影選手は、その後復活し、「死神」の名前で再び猿の前に登場します。
しかし最期は、毒針のついたゴルフボールを打ち込んで猿を暗殺しようと試みますが、ショットを打つ瞬間にマムシにかまれたために手元が狂ってしまい、あろうことか打球が自分の頭に直撃。そのまま命を絶ってしまうという、つくづくかわいそうな男なのです。

さらに余談になりますが、筆者も子供時代には、庭に干してあった洗濯物を旗に見立て、その下に穴を掘って猿の必殺技「旗つつみ」を練習しました。
そして血のにじむような特訓の末についに成功させたのですが、どういうわけかあとから母親にこっぴどく怒られてしまいました。
つくづく女というのはロマンが分からなくて困りますね。

というわけで今回はクリスマス・プディングの魅力についてのお話でしたが、みなさん、イギリスのクリスマスに美味しいクリスマス・プディングが欠かせない、ということがお分かりいただけたでしょうか?



posted by fumifumi at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | ☆英国衝撃の食事情! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

一時帰国のチケットとルイ・パスツール

その昔、フランスの細菌学者、ルイ・パスツールは「科学に国境はない」という名言を遺していますが、彼はそれに続けて、「しかし、科学者には祖国がある」とも言っています。
彼がこの言葉を遺したのは第一次世界大戦のさなかでしたが、政治情勢の大きく変化した現在でもなお通ずるものがあるように思えるのです。
つまり何が言いたいかというと、年末の一時帰国の航空券を購入しました♪
これで僕もいっぱしの科学者ということができるのではないでしょうか。

これまで、東京ーロンドン間の移動で筆者が使ったことがあるのは、ブリティッシュエアウェイズとKLMオランダ航空ですが、不満なのはやはり所詮エコノミークラスでは、きわめて席が狭いことです。
長時間、窮屈な姿勢でとじこめられるのは大変な苦痛です。
両社の席のどちらがより狭いかを論じるのは、日本でいえば、春一番とプリティ長嶋の芸風のどちらがより狭いかを比較しているようなものであって、どちらもきわめて狭いことにさしたる変わりはありません。

さて、今回は他にエールフランスや大韓航空のもっと安いチケットが出ていたのですが、あえてKLMのチケットを買いました。
というのも、コンチネンタル航空のマイレージをずっと貯めているのですが、KLMだとエリート資格マイレージが100%たまるので、あと1回日本に飛べば年間25000マイルを達成して来年はシルバーエリートになれるはずなのです。
というわけで、今回は奮発してKLMのチケットを買ってしまったというわけです。
ちなみにシルバーエリートになると一体どんな良いことがあるのか、筆者はまったく知りません。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

すごい親善試合でした

サッカー日本代表がシンガポールに辛勝したその日。
帰宅後、テレビをつけたらちょうど国際フレンドリーマッチのスペインーイングランド戦が始まるところでした。

この日は残念ながら筆者がお気に入りのポジショニングの天才、アルベルダは怪我のため出ていませんでした。
現代のサッカー戦術ではポジショニングは非常に大切な要素で、スペイン代表やバレンシアでの彼の中盤のバランス感覚にはいつも感銘を受けます。
ちなみに、僕も合コンではポジショニングにいつも気を使うので、彼には共通点を感じずにはいられません。

それはともかく、試合は開始前からただならぬ雰囲気でした。
イングランド国歌「God Save The Queen」が始まると、スペイン人から一斉に大ブーイング。
どうやら国歌斉唱時にブーイングをするのは中国だけではないようです。

そして試合が始まると、さらにとんでもないことになりました。
アシュリー・コールや、ライト=フィリップスといったイングランドの黒人選手がボールを持つたびに、観客が一斉に「ウッホ・ウッホ」とゴリラのようなひどい人種差別的な野次を飛ばします。

それが頭にきたのか、イングランドのルーニー、ギャリー・ネヴィル、ランパード、アシュリー・コールらが危険なタックルを連発。
とくにひどかったのがルーニーで、退場処分を受けるのが時間の問題だったのは誰の目にも明らかだったため、前半途中で異例の交代をさせられる有様でした。
主審はあまりファールを取らなかったのですが、もし筆者が主審を務めていたら上記の4人は退場にしていたかもしれません。

主将のベッカムは終始彼らをなだめようとしていましたが、あまりに親善試合とはかけはなれた騒然とした雰囲気の中で効果を発揮できなかったようです。
ただしそれも仕方のないところで、あのような異常な雰囲気の中では、たとえノーベル田中さんが癒し系の笑顔でなだめたところで、親善的な雰囲気に戻すことは不可能だったことでしょう。

試合のほうも1−0で敗れた上、SHOTS ON GOALがスペイン7、イングランド0という数字からも分かるように一方的な内容で、イングランドにとってはとんだ厄日となってしまいました。

後日、イングランドサッカー協会は試合中の野次について抗議文書を送ったとのことで、後々まで禍根を残すゲームになりそうです。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。