2004年11月07日

日系のヘアサロン

先日、ロサンゼルス公演を成功させた綾小路きみまろにも勝るとも劣らないほどの国際派セレブの筆者にとって、海外生活に慣れるのにそれほどの時間はかかりませんでした。

しかし、イギリスで困っていたことの一つが散髪です。
言葉の問題もあるのかもしれませんが、現地のヘアサロンではいまいち思ったようなスタイルになりません。
やはり、絶頂期の内田有紀をも髣髴とさせる筆者の艶やかな髪を切るのは、イギリス人には無理なのでしょうか。

そんな中、いつもおしゃれな日本人Tさんにロンドン西部にある日系の美容室Kを紹介してもらって、行ってきました。
そこは、日本人学校が近くにある立地もあり、店内は、スタッフ、お客ともすべて日本人。
まるで日本にいるような錯覚を覚えます。
切ってもらったのは、ロンドンに来て3ヶ月という若いマッチョな美容師さん。

そして、髪を切ったあとに髪を流してくれたり、マッサージをしてくれたり、サービスはまさしく日本そのものです。
実はイギリスのヘアサロンでは髪を切ったあとに流すということをしないので、散髪にいったあとは誰もが風が吹くたびに短い毛がパラパラと落ちる、という怪しい人になってしまうのです。

異国での日本人同士、会話も弾みます。
ちなみにイギリスで出会った日本人同士が話すことといったら、ほとんどがイギリスの悪口です。

そして、髪の仕上がりもばっちり。
次回は久々にここでカラーもしようかと思います。

う〜ん、すばらしい。
ここはまさしく日本だ。日本に違いない!
そう確信して、筆者は会計に立ちました。

「はい。19ポンドになります〜。」

・・・やはりここはイギリスでした。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(22) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。