2004年11月17日

世界一暮らしやすい国

となりのデスクのフランス人Cさんが、最新の英経済誌「エコノミスト」に載っている面白い調査記事を教えてくれました。
題して「The World’s Best Country」。
世界111カ国を対象に、新しいアプローチで「生活の質」を比較しランキングを作ったとのことです。

調査内容はというと、生活満足度調査を中心に、収入、健康、自由度、失業率、家族生活、気候、政治安定性と治安、ジェンダー平等性、家族及び地域生活といった要素を加味したとのこと。

「落ち葉」とか「パワー不足」などの理由でしばしば止まるといった意外性をいかんなく発揮する鉄道や、脳腫瘍の手術に半年待ちなどといった優れた医療保険制度を持つイギリスは、さぞかし上位にランクされているはずです。

ところが、ふたを開けて見るとイギリスは29位に低迷。
これは拡大前EU15カ国の最下位であり、すぐ後ろを見ると韓国、チリ、メキシコ、バルバドスといった国々が迫っています。

ちなみにトップはイギリスのお隣のアイルランドで、これは1人当たりGDP4位、低失業率や政治的自由度、さらに古きよき家族や地域社会が残っていることなどが評価されたそうです。
また、日本は17位で、アジアではシンガポールの11位に次ぐ順位。
そしてアメリカは13位でした。

詳細は以下の通り、北欧を中心としたヨーロッパが上位を独占しています。
ただ、細かな得点の出し方などが書かれていなかったり、南欧の評価が妙に高かったり、どことなく怪しさを感じるランキングのような気もします。

かつて日本の全国住み良さ都市ランキングで、秋田県大曲市が3年連続1位になったのと同じ臭いを感じます(大曲市のみなさん、ごめんなさい)。
ただし、僕は大曲市に行ったことはないし、大曲名物の雪国花火ラーメンも花火おかきも大学イモも食べたことがないので、そのすばらしさに気づいていないだけなのかもしれませんが。

それはともかく、海外移住を考えている方は参考にされてはいかがでしょうか。

1 アイルランド
2 スイス
3 ノルウェー
4 ルクセンブルク
5 スウェーデン
6 オーストラリア
7 アイスランド
8 イタリア
9 デンマーク
10 スペイン

11 シンガポール
12 フィンランド
13 アメリカ
14 カナダ
15 ニュージーランド
16 オランダ
17 日本
18 香港
19 ポルトガル
20 オーストリア

21 台湾
22 ギリシャ
23 キプロス
24 ベルギー
25 フランス
26 ドイツ
27 スロヴェニア
28 マルタ
29 英国
30 韓国

31 チリ
32 メキシコ
33 バルバドス
34 チェコ
35 コスタリカ
36 マレーシア
37 ハンガリー
38 イスラエル
39 ブラジル
40 アルゼンチン

以下
60 中国
65 モロッコ
71 インドネシア
80 エジプト
92 南アフリカ
93 パキスタン
105 ロシア
108 ナイジェリア
110 ハイチ
111 ジンバブエ



posted by fumifumi at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。