2004年11月24日

ロンドンのXmas電飾

イギリスは早くもクリスマスショッピングの季節に入って、デパートも夜11時まで開いているところがあったり、遅くまでとても賑やかです。

今日は、先週に点灯式があったばかりのリージェント・ストリートのクリスマス・イルミネーションを見に行ってきました。
実はリージェント・ストリートとクリスマス・イルミネーションといえば、日本でいうと橋本龍太郎元首相と日本歯科医師連盟のように切っても切れない密接な関係にあって、今回でちょうど50周年にあたるのです。

ロンドンの電飾

今年は35万個の電球が使用され、ディズニーの新作映画「Mr インクレディブル」がモチーフになっているとのこと。

ただ、もちろん綺麗なことは綺麗なのだけど、正直なところ最近の東京のイルミネーションに比べると華やかさが今ひとつで、ちょっと見劣りする感は否めません。
ロンドンにももうちょっと頑張ってもらいたいものです。
そうしないと、女の子を口説くときの勝率も下がってしまいそうではないですか。
とはいえ、もちろん筆者は一人で見に行ったので、そんな心配はいりませんが。
いやあ、よかったよかった。
ははは。

これから12月にはいると、一般家庭でもあちこちで綺麗な電飾が見られるので、ひそかに楽しみにしている季節です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。