2004年11月27日

とっておき国際電話法

筆者の場合、忙しかったり体調が悪かったりして日記が書けないときは、たいてい後日に何本かまとめて書くのですが、どうしても最新の日記に比べて下のほうの日記は目立たなくなってしまいます。
そこで、今回はこの間隙を利用して、筆者のとっておきの国際電話法をこっそり教えてしまおうという企画です。

と、その前に、この週末に日記が書けなかったのは、情けないことに肩を寝違えてしまい、動けなくなっていたからです。
寝違えといっても、今回はそんじょそこらのハンパなものではありません。
発症したのは土曜日の夕方のことでした。

そろそろ起きようか、とむくっと起き上がったとたん、

痛ぇ〜!!!

ひえええ。
気絶するかと思った。
はぁ、はぁ・・・。

どうも変な体勢で寝てしまったらしく、左肩から肩甲骨の後ろの背中が、ちょっとでも動かそうものなら悶絶しそうに痛いのです。
というか、呼吸するだけでもすでに相当痛い。
そもそも肩を寝違えるなんてこと自体、初体験です。

これはもう、あきらめてこのままもう一晩寝るしかない!と思ったものの、ちょっとでも体勢を変えようものなら痛さで涙が出そうなほどなので、カタツムリ並みにじわじわと体勢を動かしながら、30分ほどかけてようやくベッドに逆戻りしました。
全身からどっと冷や汗の嵐で、そのままぐったりと寝てしまいました。

そして、数時間後、ようやくやや回復してスープを少し飲んだものの、そのまま再び深い眠りの底へ。
次に起きたのは翌日曜日の朝です。
まだちょっと痛いけど、ほぼ日常的な動きは問題なくできるまでに回復していました。
よかったよかった。
それにしても、ほぼ丸一日寝続けるとは・・・。

ちなみにあとからいろいろ調べたところ、どうやらタイガー・ウッズも今年は左肩から背中にかけての痛みにずっと悩まされていたそうです。
ということは、メンデルの法則により、この時点でほぼ「筆者≒タイガー・ウッズ」といってもよいことになります。

というわけで、肝心の国際電話については次回です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。