2004年11月28日

日本へ国際電話その2

イギリスから普通に日本に国際電話をかけようとすると、相当の金額がかかってしまいます。
BTの固定電話からだと、日本へ1分97.45p(約195円)(2001年)なので、これではとてもしょっちゅう使うわけにはいきません。

これよりも安く済ませられるのが、多くの会社が出しているプリペイドカードで、スウィフトコールやバナナカードなどがあって、これだとだいたい1分7〜8円くらいでかけられます。
ニュースエージェントに行けば必ず置いてあるので、入手しやすいですし、使い方もカードに書いてある暗証番号とガイドに従ってアクセス番号にかければよいだけなので簡単です。
これらのカードは日本のテレホンカードのように公衆電話に差し込んで使うものではないのですが、はじめ機械に一生懸命差し込もうとしたのは決して筆者だけではないに違いありません。

しかし、それよりもさらに圧倒的に安いのに意外と知られていない方法は、ADSLなどのブロードバンド環境があることが前提になってしまいますが、インターネット電話を使う方法です。
筆者は、BIGLOBEのDIALPAD というサービスを使っていますが、これだと日本の固定電話へ3分9円でかけることができるので、非常に重宝しています。
この料金だと、もはやまったく国際電話であることを意識しなくてすみますね。
ちなみにNIFTYでも、同様のサービスを行っているようです。

また、ヘッドセットマイク(2000円前後)の購入が別途必要になるものの、使い方はいたって簡単です。
パソコンに向かってしゃべることになるので、普通の電話とはちょっと雰囲気が違い、電話オペレーター風になりますが、慣れればまったく問題ありません。
イギリスだけではなく、海外在住の人に広くお奨めの方法です。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。