2004年12月06日

ロンドンのクルマ事情

何を隠そう筆者は大のクルマ好きで、日本にいたときには休みとあれば御殿場や軽井沢へドライブに出かけていたし、車だん吉が出ていた「お笑いマンガ道場」も、毎回「おまけコーナー」までちゃんと見ていたし、好きな食べ物といえばクルマエビのアッサムソース炒めです。

しかし、イギリスに来てびっくりしたことは、中古車がものすごく高いことです。
たとえば、トヨタのヴィッツ(こちらではYARIS)の中古車が200万円以上で売られていたりして、新車とそれほど変わらない値段です。
ちょっと日本では想像できない話です。

また、カーオーディオはもちろん、エアコンやヒーターのついてない車というのも中古車販売店にはたくさん置いてあります。
これは冬場の運転が相当つらそうです。

しかも東京以上に渋滞が激しい上に、ロンドンの中心部に乗り入れるには渋滞税5ポンド(約1000円)を払わなければならないので、ロンドンに住んでいて独身であれば車の必要性はまったく感じず、あえて買う気にはなりません。

ただ、イギリスの中古車屋にも日本にはないバラエティーの豊富さを感じることもあります。
たとえば近所の中古車屋さんで見付けた下の写真のような車。

中古車

右の車は、助手席のフロントガラスが割れたまま。
それもクモの巣状に割れた真ん中に小さな穴があいていて、うーん、ひょっとしてこれは銃弾の痕じゃないのかな〜???

フロントガラスに銃痕が生々しく残った車をそのまま売っている中古車屋さんというのも、日本ではちょっと珍しいのではないでしょうか。
この車を買って修理したとしても、銃弾を撃たれた助手席の人は無事だったのだろうか、などと気になって眠れなくなりそうです。
それに夜の運転中に何かが出てきそうで、はっきり言って怖いです。

この地域は決して治安の悪い地域じゃないはずなんだけど、こんな車が普通に置いてあると、ちょっと不安になってしまいます。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ☆英国生活ことはじめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。