2005年01月31日

民主政治は最悪だ。

「民主政治は最悪だ。他に過去に現れたすべての統治形態を除いては。」
という名言を残したのは、イギリスのチャーチル元首相でしたね。

週末に行われたイラクの議会選挙。予想以上の投票率だった上、大きな混乱無く終了したことは、イラク安定化へ向けての大きなハードルを一つクリアしたと言っていいのではないでしょうか。

ところで、議会制民主主義の発祥の地であるイギリスでも、もうすぐ総選挙があることは日本ではまだあまり知られていないのではないでしょうか。
5月5日にも、実に4年ぶりの下院総選挙が行われる見込みとなっています。
ここは、しっかりと民主主義発祥の地としてのお手本を見せて欲しいところです。

実は、すでに選挙活動はスタートしています。
紳士の国でもあり、マニフェスト発祥の地でもあるイギリスでは、さぞかし高尚かつ上品な選挙活動が行われているに違いありません。

では、さっそく与党労働党(Labour)が発表したばかりの選挙ポスターを見てみることにしましょう。

労働党





・・・・・・。




な、なんだこれは・・・?






下のキャッチコピーの文字がつぶれてしまって見えませんが、良く見るとここには、

「Britain is working.Don’t let The Tories wreck it again. Labour」
(イギリスはうまくいっています。再び保守党によってめちゃくちゃにさせてはなりません。労働党)

とあります。

ちなみに、写真左は野党・保守党党首のマイケル・ハワード氏、右は「影の内閣・財務大臣」のレトウィン氏です。
ここで出てくる表現で、TORY=英保守党、ADD UP=話のつじつまが合う、そして、Pigs might fly=ありえないこと、です。

ここまでやるか、というほどの思いっきりネガティブキャンペーンです。
日本で言えば、「お笑いマンガ道場」で、富永一郎氏が描いた土管で眠る鈴木義司氏なみの著しい人権侵害とも言えるのではないでしょうか。

聞いた話では、こういった合成写真(?)を使ったネガティブキャンペーンは、過去の選挙戦でも登場したそうで、もちろん日本ではありえませんが、イギリスでは普通のことのようです。

しかし、今回はさすがに世論の猛反発を浴びました。
というのも、写真の両氏は実は2人ともブタを不浄な動物とするユダヤ人です。
このポスターは「反ユダヤ的である」として問題にされているのです。
そして、労働党はあわてて昨日になってこのポスターをホームページから削除してしまいました。
さすがに、アウシュビッツ開放60周年の式典を終えたばかりのこの時期に、なんとも軽率すぎたようです。

というわけで、早くもヒートアップ気味の選挙戦の今後がちょっと楽しみですが、やっぱりある意味「民主政治は最悪」なのかもしれません。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。