2005年08月08日

アンネ・フランクの家で考えたこと

アムステルダムでもっとも印象深かった場所は、「アンネの日記」の作者、アンネ・フランクの家です。

アンネ・フランクの家

ここは、ドイツから逃れたアンネ・フランク一家が1944年にゲシュタポに発見されアウシュビッツ強制収容所に送り込まれるまでの2年間を生活した隠れ家。
今では記念館として一般公開され、町の中心のダム広場から程近いこともあって、いつも多くの観光客で賑わっています。
入館料は、7.5ユーロ(約1000円)。

忍者屋敷のような回転式本棚を潜り抜け、まるで迷路のような隠れ家の中を見学することが出来ます。
建物の中は通路が狭い上にくねくねとしていて、全体の構造が分かりづらくなっているので、これならなかなか見つからなそうです。
しかし、ここに息を潜めて暮らしていた一家8人のうち、結局助かったのはアンネの父オットーだけ。
戦後オットーの尽力により出版されたアンネの日記は、世界的ベストセラーになりました。

第二次世界大戦が終結したのはもう60年前のことですが、ナチスの手により約600万人ものユダヤ人が犠牲になったとのこと。
自由を謳歌しているように見える今日のアムステルダムの賑わいを見ると、ここだけまるで異質な空間のように思え、そんなことがあったとは微塵も想像がつきません。

そして、もうひとつ考えたのは、その人種差別による悲劇をもっともよく知っているはずのユダヤ人が、いまやパレスチナ人を殺しまくったり、第二のベルリンの壁とも言われる分離壁(分離フェンス)を彼らを囲い込むように一方的に建設していることです。

よく「幼児虐待の経験を持つ子供は、大人になると必ず子供を虐待する」というけれど、同じようなことは国家レベルでも起こるのだろうか、などと考えたりしました。



posted by fumifumi at 10:50| Comment(16) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

アムステルダムの中心でゴッホと叫ぶ

アムステル

アムステルダムは、アムステル川にダムが出来たことからその名がついた町で、中央駅を中心にメルヘンチックで美しい運河沿いを散策しながら歩いて回れるコンパクトサイズの町ですが、実はゴッホ美術館やアンネ・フランクの家、レンブラントの家、飾り窓地域など、日本で言えばコージー冨田のモノマネレパートリーのようにバラエティ豊かで、見るものを決して飽きさせることがありません。

また、空港から市内まで電車で15分ほどなので、スキポール空港での乗り継ぎの合間にも気軽に市内まで出られ、ヨーロッパ旅行のついでにぶらりと立ち寄るのにもお勧めの町です。
しかも、筆者の経験では、オランダの入国審査は西欧諸国の中で最も楽な国の一つかもしれません。
というのも筆者は5,6回ほどオランダに入国していますが、審査官はいつも「コンニチハ」と日本語で挨拶をし、何も聞かずにスタンプを押すだけ、といういい加減さでした。

さて、まっさきに筆者が向かったのは、フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)美術館です。
というのも、何を隠そう筆者は大の印象派絵画ファンで、それが証拠にコーヒーを飲みたいときも、いつもドトールを避けてルノアールまで行くほどなのです。

ゴッホ美術館

(実際に行ったのは4ヶ月以上前なので雪がありますが気にしないように!)

この美術館は入場料が13.5ユーロ(約1800円)とあまり安くはないのですが、なにせオランダが生んだ後期印象派の天才画家ゴッホの絵画など展示作品が何と約200点も、それにオランダ時代からアルル時代に至るまで、まとめて鑑賞することが出来るのです。
これなら、コージー冨田のモノマネレパートリーをも凌ぐかもしれません。
ちなみによく間違える人がいるのですが、「富田」ではなく「冨田」なので、間違えないようにしていただきたいものです。

というわけで、さっそく張り切って中に入りました。
しかし残念ながら、触れ込みに比べていまいち閑散としていてボリュームが少ない印象でした。
どういうわけか有名な絵もあまり展示してありません。

そのとき、ふと柱の影の張り紙が目に飛び込んできました。

「現在、東京・大阪で行われているゴッホ展に主要な絵を貸し出しているため、展示作品があまりありません。」

・・・。

そういう大事なことは、入る前に教えてよ!!
13.5ユーロ返せ、ゴッホ!

ああ、なんということでしょうか。
せっかくゴッホの絵を見にオランダくんだりまでやってきたというのに、肝心な絵は日本に行ってしまっていたのでした。

まあ、それでも自画像やひまわり、海辺の絵(タイトルは知らん)などかなりの作品を見ることが出来たので、決して悪くは無かったです。
ただし、最後にこれだけははっきりと言っておきますが、ゴッホの絵をクレヨンしんちゃんが描いた絵と入れ替えたとしても、筆者には決して分からないであろう事を書き添えておきます。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

ブックバトンの続き☆

■最後に買った本(既読、未読問わず)

M誌(N書店)

mn

都合によりモザイクがかかっているため、いかがわしい雑誌のように見えますが、これは筆者が始めて原稿料をいただいて1年にわたって連載記事を書かせていただいた記念すべき某医学専門誌なのです。
筆者以外の著者は医学界の権威の方々ばかりなので、ものすご〜く緊張しながら書いています。
ちなみに買わなくても著者用のが送られてくるので、買ったことはありません。
ごめんなさい。

できればこんどは単行本を書きたいのだけど、企画書でも送ってみようかな・・・?

■特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

1.アーサー・C・クラーク「2001年宇宙の旅」

2001年宇宙の旅

実は、筆者が科学の道を志すきっかけになったSF小説なのです。

確か中学生のころだったと思いますが、父の本棚でふと目に入ったこの本を読んで、イマジネーション溢れる描写に取りつかれてしまいました。
クラークの小説は、当時手に入るものはすべて、多分50冊以上は読んだんじゃないかと思います。
今の世界をまたにかけるドクターFumi fumiの姿があるのも、ひとえにアーサー・C・クラークのおかげと言えるでしょう。

ちなみに、クラークも実はロンドン大学出身。
自分で言うのもなんですが、われながらロンドンにはとことん縁のある人間です。

2.清水義範「蕎麦ときしめん」

蕎麦ときしめん

実は、筆者がお笑い作家の道を志すきっかけになったパロディ小説なのです。

確か高校生のころだったと思いますが、やはり父の本棚でふと目に入ったこの本を読んで、ばかばかしさ溢れる描写に取り付かれてしまいました。
清水氏の小説も、当時手に入るものはすべて、多分50冊以上は読んだんじゃないかと思います。
今のユーモアの心を忘れないドクターFumi fumiの姿があるのも、ひとえに清水義範のおかげと言えるでしょう。

ちなみに、清水氏はロンドン大学出身ではありません。
また、清水氏の出身地である愛知県と筆者は、あまり関係がありません。

■次にまわす人(5人まで)

前回、ミュージックバトンを渡された敵討ちのチャンスですね〜。
というわけで、Hattoさんばんび〜な☆さん透(ユキ)さん、よろしくね(はーと)。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

こんどはブックバトン

えー、旅行記の途中ですが、いつも愉快なアリゾナ日記を書かれているmg姉さんから回ってきたので、ブックバトンを書いてみます。

■持っている本の冊数
日本にほとんど置いてきてしまったので、 周りを見回すと・・・5冊しかない!
たぶんこれは最少記録ではないかなあ・・・(笑)。

■今読みかけの本 or 読もうと思っている本
この週末、何を隠そうニューヨークのBOOK・OFFに行って本を買ってきました。

book off ny

ちなみにニューヨークには、他にも旭屋書店、紀伊国屋書店があり、日本の本が専門書にいたるまでたくさんあって5割増しくらいの値段で売られています。

そういえば、ロンドン・オリエンタルシティの旭屋書店は去年閉店してしまいましたが、NYの方は結構にぎわっていました。
ニューヨーク近郊だけで約7万人の日本人が住んでいるそうなので、やはりそれなりの需要があるのでしょうね。

ちなみにこの日買ったのは沢木耕太郎の「深夜特急・第1巻」。

深夜特急(1)

いわずと知れたバックパッカーのバイブルです。
スリル満点の旅行記ももちろんすばらしいのですが、本書で面白いと思ったのは、巻末の山口文憲氏との対談の中で沢田氏が「初めて外国に行ったのは26歳」と話していて、「25,6歳くらいで行ったらいいなと思うのは、いろいろな人に出会ったり、トラブルに見舞われたりするたびに、自分の背丈が分かるからなんです。」と、「26歳適齢期説」を唱えていることです。
確かに、単に語学を習得するのが目的だったら早いほうがいいに決まっていますが、文化や政治・経済なども含めて、日本と比較しつつ自分自身について考えながらすごせるのはそのくらいの年齢かなー、と思います。

僕が始めて海外に出たのは24歳のときで、そのときは出張でロンドンに約2週間滞在したのですが、それまではまさか自分がこれほどまでに海外旅行や海外生活を楽しむタイプの人間だとは思ってもみませんでした。
24歳でたった一人おろおろしながら初めての海外出張をこなし、27歳で海外生活を始めた筆者は、早すぎも遅すぎもせず、今から思えばちょうどいい時期だったのかもしれません。

というわけで、今度NYに行ったときに2巻を買おうと思っている筆者でした。
面白い旅行記の書き方も研究してみようと思います。

というところで、時間が無いので続きは次回に・・・。



posted by fumifumi at 14:23| Comment(8) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

欠航・・・

cancelled

東京行きの便の「Cancelled」の文字を見た瞬間、思わず心の中でガッツポーズをしてしまいました。

というのも、数日前から体調を崩し38度5分と、緯度でいえば南北停戦ラインを超え北朝鮮に迷い込んでしまうほどの高熱を出してしまい、せっかく1年ぶりに訪れたアムステルダムでまったく観光が出来ず寝込んだだけで帰国することになりそうだったのです。
しかし幸いにも、この日は37度まで下がり、どうにか北朝鮮領を脱出することに成功したため、体調もだいぶ楽になりました。
この分だとあまった1日を観光に使えそうです。

とりあえずKLMオランダ航空のカウンターに行き、長〜い行列に3時間ほど並んだ後、担当のお姉さんに翌日の振替えの搭乗券をお願いしました。
すると、お姉さんは親切にもすぐに空港ホテルと夕食・朝食のクーポン券、それにアメニティキットまで用意してくれた上、筆者の美貌に心を動かされたのか、「ファーストクラス、ビジネスクラスの次に快適なクラスよ」と翌日のエコノミーの席を用意してくれました。


・・・。



ありがとう、KLMのやさしいお姉さん。
こんどアムスにくるときも、気が向いたらKLMを使うことにしよう、と固く心に誓う筆者でした。

とにかく早速ホテルに荷物を置いて観光に出かけることにしました。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。