2005年08月03日

こんどはブックバトン

えー、旅行記の途中ですが、いつも愉快なアリゾナ日記を書かれているmg姉さんから回ってきたので、ブックバトンを書いてみます。

■持っている本の冊数
日本にほとんど置いてきてしまったので、 周りを見回すと・・・5冊しかない!
たぶんこれは最少記録ではないかなあ・・・(笑)。

■今読みかけの本 or 読もうと思っている本
この週末、何を隠そうニューヨークのBOOK・OFFに行って本を買ってきました。

book off ny

ちなみにニューヨークには、他にも旭屋書店、紀伊国屋書店があり、日本の本が専門書にいたるまでたくさんあって5割増しくらいの値段で売られています。

そういえば、ロンドン・オリエンタルシティの旭屋書店は去年閉店してしまいましたが、NYの方は結構にぎわっていました。
ニューヨーク近郊だけで約7万人の日本人が住んでいるそうなので、やはりそれなりの需要があるのでしょうね。

ちなみにこの日買ったのは沢木耕太郎の「深夜特急・第1巻」。

深夜特急(1)

いわずと知れたバックパッカーのバイブルです。
スリル満点の旅行記ももちろんすばらしいのですが、本書で面白いと思ったのは、巻末の山口文憲氏との対談の中で沢田氏が「初めて外国に行ったのは26歳」と話していて、「25,6歳くらいで行ったらいいなと思うのは、いろいろな人に出会ったり、トラブルに見舞われたりするたびに、自分の背丈が分かるからなんです。」と、「26歳適齢期説」を唱えていることです。
確かに、単に語学を習得するのが目的だったら早いほうがいいに決まっていますが、文化や政治・経済なども含めて、日本と比較しつつ自分自身について考えながらすごせるのはそのくらいの年齢かなー、と思います。

僕が始めて海外に出たのは24歳のときで、そのときは出張でロンドンに約2週間滞在したのですが、それまではまさか自分がこれほどまでに海外旅行や海外生活を楽しむタイプの人間だとは思ってもみませんでした。
24歳でたった一人おろおろしながら初めての海外出張をこなし、27歳で海外生活を始めた筆者は、早すぎも遅すぎもせず、今から思えばちょうどいい時期だったのかもしれません。

というわけで、今度NYに行ったときに2巻を買おうと思っている筆者でした。
面白い旅行記の書き方も研究してみようと思います。

というところで、時間が無いので続きは次回に・・・。



posted by fumifumi at 14:23| Comment(8) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。