2005年08月30日

パンダの赤ちゃんに会えるかも!?

ワシントンは政治とビジネスの町。
普段からちょっと緊張感がある町ですが、このところそんなワシントニアンを和ませている話題があります。
それは、先月ワシントン国立動物園で生まれたばかりのパンダの赤ちゃん。
こちらのワシントン動物園オフィシャルサイトでかわいい姿のライブカメラ映像を見ることができます。

このパンダ、実は夏目家のネコなみにまだ名前が無いのですが、なんと名前をインターネット投票で決めることが24日発表されました。
候補は以下の5つ。

1 Hua Sheng (hwah-SHUNG), means China Washington, magnificent
2 Sheng Hua (SHUNG-hwah), means Washington China, magnificent
3 Tai Shan (tie-SHON), means peaceful mountain
4 Long Shan (lohng-SHON), means dragon mountain
5 Qiang Qiang (chee-ONG chee-ONG), means strong, powerful

CNNによれば、漢字で書くと、それぞれ華盛、盛華、泰山、龍山、強強だそうです。
オスということで、強そうな名前ばかりです。
ぜひ、「FUMI FUMI」という名前を投じようと思ったのですが、残念ながら上の5つから選ばなければならないようです。
それにどう見ても一番弱そうです。

応募者から抽選で1組ペアで、米国内からワシントンまでの航空券、ホテル、そしてパンダを間近で見れる権利が当たるとのこと!

この赤ちゃんパンダ、2年後に中国に帰さなければならない契約になっているそうですが、ワシントンの人たちにはあまりにも残念な話です。
なんとかならないものでしょうか。
それまでには、ぜひ見に行かねば・・・。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。