2005年10月15日

オペラ座の怪人@NYブロードウェイ

このところ週末によくニューヨークに行っています。
・・・いやはや、こんな文章を書いている自分が嬉しいです。

ニューヨークといっても、「ちょっくらニューヨークに行ってくるぞ」と言い残して風呂に向かう日本のオヤジとは一味違って、本物のニューヨークです。
筆者にNYと言えば、いまやクマノミとイソギンチャクの次に切っても切れない深い間柄と言われるまでになりました。

さて、今回向かったのはブロードウェイのマジェスティックシアター。
ここでは、ミュージカル不朽の名作「オペラ座の怪人」が上演されているのです。

majestic theater

「オペラ座の怪人」は、その語感から江戸川乱歩作「怪人20面相」の続編ではないかという説もつい最近まであったのですが、実はそうではなくて、イギリスが生んだ天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーによる19世紀のパリを舞台としたラブ・ストーリーなのです。

さすが傑作といわれるだけあって、劇も歌も本当に美しく、力強さを感じさせるものでした。
ストーリーも素晴らしく、筆者もたまに男に誘われたりすることがあるのですが、知らない男について行くのはやめよう、という貴重な教訓を得ることが出来ました。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(19) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

世界で最初のZOO

今回のロンドン出張ではじめて訪れたのが、ロンドン北部のリージェンツパーク内にあるロンドン動物園です。

ロンドン動物園はこの夏に、ほぼ裸の男女8人のヒトを展示した企画が大きな話題にあまりなりませんでしたが、実は1828年に開設された歴史ある動物園で、教育・研究施設としての役割をもつ科学的な動物園としては世界で最古のものです。
また、Zoological garden(動物学的庭園)を略して「ZOO」という言葉を始めて名乗ったのも実は日本の歌手ではなくてこの動物園だとか。

東京で言えば上野動物園や横浜の野毛山動物園のような昔ながらの動物園ですが、園内に運河が流れていたりして、都会の動物園にしてはのどかな雰囲気が作られていました。

ロンドン動物園

この日は週末ということもあって家族連れで大いに賑わっていました。

下の写真は、「ハリー・ポッターと賢者の石」でハリーが蛇と話すシーンが撮影されたことでも有名な爬虫類館。

は虫類館

そして下の写真は鳥とペンギン。どうってことはないですが。

鳥とペンギン

のどかな雰囲気で悪くはないけど、やや不満なのは14ポンド(約2800円)もする入場料です。
上野動物園の入場料が600円、アメリカの首都のワシントン動物園が無料であることを考えると際立った高さです。

とりたてて珍しい動物がいるわけでもなく、園内もそれほど広いわけでもないので、2,3時間も経ったころにはちょっと飽きてきて、ネクタイが帰りタイになってしまいました。
入場料分の価値があるかはちょっと微妙でした・・・。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ヴァージン航空でロンドンへ

しばらく更新できませんでしたが、これは決して新発売の上戸彩写真集に夢中になっていたからではなくて、ロンドン出張に行っていたからです。

半年振りのイギリスですが、イギリスに入国するのは何回目だろう・・・と思ってパスポートと記憶を紐解いてみると、今回で早くも13回目のようです。
イギリス在住中はしょっちゅう欧州大陸に遊びに行っていたのがその理由ですが、今回はいつもとは反対側からイギリスが近づいてくるのがちょっと不思議な気分・・・。

virgin atlantic

今回は初めてイギリス系の元々レコード屋のV航空で行きました。
セレブな筆者は当然ながら今回もファーストクラスの次の次の次に快適なクラスですが、機内食も3種類から選べておいしかったし、スタッフの感じもよかったし、大満足でした。
それに機内のデザインやBGMも凝っていていい感じです。

特に一番印象深かったのは、同社オリジナルのセーフティビデオ(Real Player)や安全のしおりがコミカルなアニメーションになっていて、とても面白いです。
回し者ではありませんが、同じイギリス系でも元国営のB航空よりずっと好印象で、次回もぜひ利用したいと思いました。

というわけで、ちょっと短いですが今日はこれから上戸彩「四万十川の四季」写真集の続きを見ようと思うので、旅行記の続きは次回に書こうと思います。



posted by fumifumi at 14:44| Comment(22) | TrackBack(0) | ◎世界あちこち旅行記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。