2005年10月20日

カムデン・マーケットとグランド・ユニオン運河


今回のロンドン出張中に不覚にも腹を壊しゲーリー・リネカーにも勝るとも劣らないほどの下痢になってしまったのであまり観光が出来なかったのですが、もう一箇所訪れたのがカムデン・マーケットです。

ロンドンにはポートベローやボロ、コヴェント・ガーデン、グリニッジなどいくつか魅力的なマーケットがありますが、それぞれに特徴があるのでマーケットめぐりはとても面白いです。
筆者はつい2年前までショッピングに出かける先といえば、せいぜい「たまプラーザショッピングセンター」くらいのものだったので、自ら言うのも気が引けるのですが、ずいぶんと国際派になったと思わざるをえません。

このマーケットはロンドンの数あるマーケットの中でも最大級のものですが、その特徴は、赤や紫など派手な色の髪や、黒いレザージャケットにブーツといったビンテージファッションに身を固めた若者が多いことです。

カムデンタウン

これほど若者が集うマーケットはここを置いて他にはないでしょう。
日本で言えば原宿の竹下通りや若人あきらなみに若人が集っています。

カムデン・マーケットはいくつかのマーケットから成っていますが、そのひとつ「カムデンロックマーケット(Camden Lock Market)」の前にはグランドユニオン運河沿いに水上バス乗り場もあって、船に揺られながらリトルヴェニスへ向かうことも出来ます。

カムデンロック

この運河は産業革命期の19世紀はじめにバーミンガムとロンドンを結ぶために作られた運河で、ロック(Lock)とは、高低差のある運河の水位を調節するための水門を指します。
天気のよい日には運河沿いを散策するのも楽しいです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。