2006年02月13日

NY大雪で大混乱

2時間以上、大雪でまったく動けなくなったアムトラック車内からです。

amtrak

ニューヨークの駅からワシントンへ向かう電車に乗り込んだのはいいのですが、フィラデルフィアを過ぎたところで車内アナウンスがありました。
信号が故障したため、レールを片方しか使えずに交互通行になっているとのこと。
それで、反対方向へ向かう電車が通り過ぎるのを待っているようです。

ここからがすごいのですが、電車が何本か前後に並んで渋滞していたので、互いにドッキングさせて、ひとつのながーい電車として運行することになりました。
「これでエブリシングがファイン」なんだそうです。
さすがアメリカ、考えることがダイナミックです。

電車のドッキングも、日本の秋田新幹線と東北新幹線のようなドッキングを想像していたのですが、それよりもかなり荒っぽいです。
しばらくゆっくり前進していたかと思ったら、いきなり「ガクッ」と衝撃がして、後ろへ進みだしました。
1,2秒後ろへ進んだところで、再び「ガクッ」と衝撃がして、今度は前へ進む。
これを10回くらい繰り返していました。
いったい何が行われていたのかさっぱりわかりません。
電気も消えて真っ暗になるし、ちょっと不安になります。

今日はこの大雪のせいで、電車に乗るにも一苦労でした。
昨晩からの雪が50センチくらい積もったため、地域のバス、タクシー会社がすべて営業を停止し、駅に向かう交通機関が完全に麻痺してしまったのです。
そのため、30分以上の道のりを駅まで雪を掻き分けながら歩いていく羽目になり、もうクタクタです。

いつもは3時間ほどでワシントンに着くのですが、今日はその後もずっとのろのろ運転で、定刻より5時間も遅れて深夜零時半過ぎにようやく到着。
駅には200人以上のタクシー待ちの列ができていて、1時間ほど並びましたが、2時過ぎには家にたどり着けました。
明朝からN国に出張なので、なんとかたどり着けてよかったです。



posted by fumifumi at 17:15| Comment(8) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。