2006年03月27日

空港ストリップショーの体験

かなり以前の日記で紹介しましたが、ヒースロー空港第4ターミナルにX線カメラによるセキュリティチェックが導入されました。

これは、審査官が乗客の衣服を透かして裸体画像を見ることができるため、イギリスでは大問題になったのですが、前回イギリスに行ったとき何と筆者も体験することになりました!

搭乗口のセキュリティチェックに並んでいると、係員がランダムに搭乗客を呼び止めて、ついたてに覆われたマシンの前に連れて行っているので、「これは例のX線検査だな」、とすぐにピンときました。

叶姉妹と互角とも言われる魅惑ボディの持ち主である筆者も当然のごとく呼び止められました。
そして、言われるままについたての前に立ったところ、いくつかのポーズをとることを求められました。
まず最初は足を左右に大きく開いて、手を大きく上に伸ばす。
それが終わると今度は足を前後に開き、上体を横にひねるポーズ
今度は、90度向きを変えて同じポーズ、といった具合。

通常の金属探知機の向こう側に見えるライトグレーのついたての向こうに問題の装置があります。

ヒースローのX線裸スキャン

それにしても、ついたてがあるおかげで周りの乗客からはまったく様子が見られないようになっていましたが、もし筆者の裸画像があらわになっていたら、モニターの前には一目見ようと黒山の人だかりができていた違いありません。
このようなひどい検査は、断固として反対です!!!



posted by fumifumi at 21:53| Comment(20) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。