2010年02月11日

情熱的すぎる気象予報士

ワシントンDCは先週末から111年ぶりに記録を塗り替える観測史上最大の積雪に見舞われていて、1週間近くほとんど外出できない状態が続いています。
連邦政府は異例の4日連続休業。
筆者の住むワシントン郊外のA郡でも、先週の金曜から土曜にかけてと今週の半ばに大雪が降り、National Weather Service によれば、合わせて114センチも積もったそうです。

P1000365b.jpg


P1000368b.jpg


P1000378b.jpg


ちなみにこのあたりは例年は雪が少なく、ちょっとした積雪でもすぐに学校も仕事も休みになるような地域なので、今回は都市機能が完全に麻痺してしまっています。

ところで、お天気の様子が気になってあちこちの天気予報を見ていたら、最近とっても情熱的な気象予報士のおじさんを見つけしまい、妙に気になっています。



彼は、accuweather.com のジム・コーシック(Jim Kosek)予報士。
天気予報というと、近頃その名のとおり天気を予報するものという以上の認識のない困った人が多いのですが、実は天気予報とはドラマであり、怒り、悲しみ、喜びといった喜怒哀楽が存分に表現されているのがお分かりでしょうか。
ちなみに筆者は、喜怒哀楽の「喜」と「楽」の違いがいまいち良く分かりません(同じじゃないの?)。
非常に感銘を受けたので、今度の学会発表では、彼のスタイルを真似てやってみようと思います。
posted by fumifumi at 13:37| ワシントンDC ☁| Comment(11) | 米国おもしろTV! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。