2004年11月30日

増える休暇と出生率

イギリスに来てびっくりしたことの一つは、同僚の多くが「育児」を理由に頻繁に休みをとったり、早退したりすることです。
それも女性だけではなく、男性も毎週のように休みをとります。

もちろん、日本にいたときにはこんなことはまったく考えられなかったですが、よく考えてみたら、この国では2000年にブレア首相自ら2週間の育児休暇をとって支持率を回復させたというエピソードもある国です。
それだけ育児休暇が奨励されているということなのでしょう。

日本でもこんな政治家がいれば面白いのですが、日本の首相の育児といっても、せいぜい息子をサントリーのビールの宣伝に出演させた人の話くらいしか思い浮かびません。
そもそも年寄りの政治家が多い日本では、43歳で首相になったブレア氏のように、在任中に子供が生まれるというケースは当分なさそうです。
ちなみに、筆者にも子供が生まれるというケースは当分なさそうです。

ところで、育児休暇制度の推進は、もう一つの大きな効果があるようです。
ちょっと長くなりますが、先日の朝日新聞の社説に、こんな話が紹介されていました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
・・・英国は00年から官民挙げて「仕事と生活の調和策」に取り組んできた。

従業員9万4千人を抱える最大手の電信電話会社は正社員に在宅や短時間の勤務を認めた。いまは7千人が自宅で働き、6600人が短い勤務である。

離職率は3%にまで下がり、産休後に職場に戻る女性が98%になった。社員を募集する費用など年間100億円近い経費が減り、生産性は30%も上がった。

仕事と生活の調和策を進めると、企業にとってどんな損と得があるのか。政府は、調和策を取り入れたい企業や組織に無料でコンサルタントを派遣する。この3年間で22億円をかけて448社を支援した。どの会社も業績を上げている。

フルタイムとパートタイムの不合理な差別を禁じる法律もつくられた。

英国政府が仕事と家庭の両立を進めてきた主な理由は労働力の確保と生産性の向上だ。働きやすくすることで国民に自立してもらい、福祉にかかる費用を減らすねらいもあった。

そこに、思わぬ効用が加わった。90年代に入って下がり続けていた出生率が、01年の1・63を底に03年には1・71へと上がったことだ。願ってもない大きなおまけだった。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ご存知のように、日本の出生率はじわじわと下がり続け、1.29にまで落ち込んでいます。
イギリスも日本と同様、年金財政が破綻の危機に直面していることもあって、労働力の確保が重要な課題とされているだけに、日本にも参考になる話ではないでしょうか。

一般的に、女性の社会進出が進んだために出生率が低下したと思っている人が多いのですが、実はこれは間違いで、下の図のように先進国ではスウェーデン、デンマークなど女性就業率の高い国ほど出生率が高く、スペイン、イタリアといった女性就業率の低い国の方が出生率が低いという、U字型のカーブを描くような傾向があります。

birthrate
(経済産業省ホームページより)

これは、出生率を上昇させるためには、女性が働きやすく育児がしやすい職場作りが何よりも重要である、ということを如実に物語っているといえるでしょう。
そして、女性にとって働きやすい職場とは、実は男性にとっても働きやすい職場と言えるのではないでしょうか。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆英国びっくり体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: すごい!
SECRET: 0
PASS:

ついに表が!!!<br />
<br />
いつも感服してしまいます・・・。<br />
<br />
<br />
U字カーブは理にかなってますよね。<br />
女性が働くことがほとんどムリだと女性は出産する。<br />
子供がいる女性は働きにくいけど、子供がいなければ働ける国だと、子供を諦めて社会に出る女性が増える。代わりに子供が欲しい女性は働く事を諦めないといけない。<br />
子供がいても働きやすい、女性が働くことが当たり前の国では、躊躇することなく出産も仕事もできる・・・。<br />
<br />
<br />
日本では、ガイコクジン労働者をどう受け入れるかが問題になっていて、<br />
経団連や経済に関心を持っている政治家などは<br />
規制を緩めて外国人に入ってもらおうとしてるみたいだけど、<br />
公安や○翼っぽいとある大都市の知事などは<br />
「治安が悪くなる!」といって反対してるんだとか・・・。<br />
でも、じゃあ女性が働くことで労働力を確保しないといけないと思うんだけど、<br />
あの人女性はバカだとか言ってたよね・・・。<br />
<br />
バカはどっちだ・・・。<br />
<br />
あ、すいません、ハナシがそれた・・・。<br />
<br />
<br />
Posted by Spicy☆☆ at 2004年12月01日 15:42
TITLE: Re:増える休暇と出生率(11/30)
SECRET: 0
PASS:

いつもながら、素晴らしい(感<br />
<br />
こうして表を眺めていると「日本、ドイツ、イタリア」世界史で習ったナントか同盟(デシタッケ?)を思い出しますね。
Posted by さくら媛ママ at 2004年12月01日 18:37
TITLE: すてき すてき!
SECRET: 0
PASS:

表がとっても分かりやすくって、感動!(^o^)//&quot;&quot;&quot; <br />
<br />
産休を取った後って、産休前と全く同じ条件を会社側って提示しないといけないんですよねー。でも、これをうまく使う会社も。(実はうちの会社)<br />
<br />
Aさんに子供ができました。しっかり産休もとって、さぁ復帰!って言う時に問題が。Aさんは子供の送り迎えで、勤務時間を調整したいといいました。普通なら、マネージャーがOKを出して、円満解決なんですが、うちは不景気のために人員を減らしたかったんです。<br />
<br />
そこで、会社側は産休前と同じ条件を提示しているのに、何の不満がある?と強気で出てきました。法律的にも、会社側に非はないので、彼女は泣く泣くやめました。(かわいそうに・・・)<br />
<br />
だから、日系の会社っていやーねぇー・・・といつも思う私です。時間ぐらいちょっと調整してあげればいいものを・・・。<br />
<br />
ではでは。<br />
<br />
<br />
<br />
Posted by cheichi at 2004年12月01日 21:18
TITLE: 日本、なんとかしなきゃだよねえ
SECRET: 0
PASS:

問題というか、違いはいっぱいあって、なんていったらわからないけど...<br />
日本は、婚外子にも厳しいから、そうそう簡単に子供を生める世の中ではないよね、まず結婚しないと。<br />
カルチャーが違うから。<br />
それをクリアした後は、職場の雰囲気。<br />
良い意味で?中途半端?なしごとしていい雰囲気、一人で責任持たなくてもいい雰囲気ないと。<br />
<br />
実際、日本で子供いながら働いている人って、やっぱり、他の人より働いてないもんね。そうすると不公平だって不平が出るのも当然。そして風当たりが強くなる。<br />
残業しなくてもいいように、マネジメントがきちんと仕事の割り振りをして子供がいようといないと、仕事の量が同じようにする、そういうのも必要。<br />
などなど。<br />
長い道のりだわ〜、と思う。でも、このままじゃ、若い人がいなくなってどうなるの、日本って。
Posted by NinjaCat at 2004年12月01日 21:32
TITLE: Re:すごい!(11/30)
SECRET: 0
PASS:

Spicy☆☆さんこんにちは☆<br />
<br />
>いつも感服してしまいます・・・。<br />
<br />
ありがとうございます<br />
ひょっとしてほめ殺しというやつでしょうか?<br />
<br />
>公安や○翼っぽいとある大都市の知事などは<br />
>「治安が悪くなる!」といって反対してるんだとか・・・。<br />
>でも、じゃあ女性が働くことで労働力を確保しないといけないと思うんだけど、<br />
>あの人女性はバカだとか言ってたよね・・・。<br />
<br />
日本もフィリピンとのFTAで労働力の受入を認めたり、少しずつ変化はしているようだけどイギリスの移民の数を目の当たりにすると本当に微々たる物ですね。<br />
今から老後が心配・・・。<br />
Posted by fumi fumi @ office at 2004年12月02日 03:20
TITLE: ナースのお仕事
SECRET: 0
PASS:

看護師なんて、女性だらけの職場だけど、私の勤めていた大学病院では妊娠したと婦長に報告しただけで、露骨に嫌な顔をされ、この出生率の低い時代に3人目を妊娠した方に、また産休と育休とるつもり?と嫌味を言われている。子供が小さくても、夜勤できないなら、やめてもらってけっこうという雰囲気!!<br />
看護師が足りないというなら、この問題を解決するだけで、離職率が低くなるだろうに。。。<br />
<br />
Fumi fumiさん、とっても興味深い情報ありがとうございました☆
Posted by SIONA at 2004年12月02日 12:41
TITLE: Re[1]:増える休暇と出生率(11/30)
SECRET: 0
PASS:

さくら媛ママさんこんばんはー!<br />
<br />
>いつもながら、素晴らしい(感<br />
<br />
ありがとうございます〜♪<br />
読んでくださるみなさんのおかげで書き続けられてます。<br />
<br />
>こうして表を眺めていると「日本、ドイツ、イタリア」世界史で習ったナントか同盟(デシタッケ?)を思い出しますね。<br />
-----<br />
たしかに同じところにならんでますねー。<br />
何か共感できるものがある国同士なのかな・・・?<br />
Posted by fumi fumi at 2004年12月03日 10:07
TITLE: Re:すてき すてき!(11/30)
SECRET: 0
PASS:

cheichiさんおひさしぶりです!<br />
お返事遅くなってごめんなさい。<br />
<br />
>表がとっても分かりやすくって、感動!(^o^)//&quot;&quot;&quot; <br />
<br />
ありがとうございます!<br />
Cheichiサンも前に似たような話書いてなかったっけ?<br />
そう思って探したんだけどみつからなかったです。<br />
勘違いかな。<br />
<br />
>産休を取った後って、産休前と全く同じ条件を会社側って提示しないといけないんですよねー。でも、これをうまく使う会社も。(実はうちの会社)<br />
>Aさんに子供ができました。しっかり産休もとって、さぁ復帰!って言う時に問題が。Aさんは子供の送り迎えで、勤務時間を調整したいといいました。普通なら、マネージャーがOKを出して、円満解決なんですが、うちは不景気のために人員を減らしたかったんです。<br />
>そこで、会社側は産休前と同じ条件を提示しているのに、何の不満がある?と強気で出てきました。法律的にも、会社側に非はないので、彼女は泣く泣くやめました。(かわいそうに・・・)<br />
>だから、日系の会社っていやーねぇー・・・といつも思う私です。時間ぐらいちょっと調整してあげればいいものを・・・。<br />
>ではでは。<br />
-----<br />
<br />
いかにも日系企業らしいですねー。<br />
イギリスは好景気だけど日系企業だと本国の景気に左右されちゃうからここ10年くらいは大変ですよね。<br />
ところでCheichiさんはそろそろフランスへ移住ですか?<br />
<br />
Posted by fumi fumi at 2004年12月07日 09:50
TITLE: Re:日本、なんとかしなきゃだよねえ(11/30)
SECRET: 0
PASS:

NinjaCatさんこんばんは!<br />
<br />
>問題というか、違いはいっぱいあって、なんていったらわからないけど...<br />
>日本は、婚外子にも厳しいから、そうそう簡単に子供を生める世の中ではないよね、まず結婚しないと。<br />
>カルチャーが違うから。<br />
>それをクリアした後は、職場の雰囲気。<br />
>良い意味で?中途半端?なしごとしていい雰囲気、一人で責任持たなくてもいい雰囲気ないと。<br />
><br />
>実際、日本で子供いながら働いている人って、やっぱり、他の人より働いてないもんね。そうすると不公平だって不平が出るのも当然。そして風当たりが強くなる。<br />
>残業しなくてもいいように、マネジメントがきちんと仕事の割り振りをして子供がいようといないと、仕事の量が同じようにする、そういうのも必要。<br />
>などなど。<br />
>長い道のりだわ〜、と思う。でも、このままじゃ、若い人がいなくなってどうなるの、日本って。<br />
-----<br />
日本とイギリスでは労働環境があまりにも違いすぎて何が一番の違いなのかもよく分からなくなりますよね。<br />
日本はイギリスと違って外国人の労働力受入にもまだまだ消極的だし、本当にこれからどうなってしまうのか心配です。<br />
Posted by fumi fumi at 2004年12月07日 09:53
TITLE: Re:ナースのお仕事(11/30)
SECRET: 0
PASS:

SIONAさんこんばんは!<br />
<br />
>看護師なんて、女性だらけの職場だけど、私の勤めていた大学病院では妊娠したと婦長に報告しただけで、露骨に嫌な顔をされ、この出生率の低い時代に3人目を妊娠した方に、また産休と育休とるつもり?と嫌味を言われている。子供が小さくても、夜勤できないなら、やめてもらってけっこうという雰囲気!!<br />
>看護師が足りないというなら、この問題を解決するだけで、離職率が低くなるだろうに。。。<br />
>Fumi fumiさん、とっても興味深い情報ありがとうございました☆<br />
-----<br />
日本だと女性の多い職場は特別な分野に限られるけど、僕のラボは1:2で女性の方が多いし、バイオ系は全体的にそうみたいですねー。<br />
イギリスでも看護婦は賃金が悪いのでアメリカに移ってしまう人が多いのだそうです。<br />
日本人はそう簡単に海外に行くこともできないし、看護師ほど労働者の善意だけでなりたってる職業もそうそうないですよね。<br />
SIONAさんのような方が海外でいろいろと学んで、ぜひ日本に伝えてほしいです☆<br />
Posted by fumi fumi at 2004年12月07日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140752415
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。