2004年06月15日

肉も魚も食べるベジタリアン

ロンドンに旅行にいらした際には、一度は「パブ」に行かれることをお勧めします。
パブとは「パブリックハウス」の略で、ロンドンはどこに行ってもパブだらけ。

我が家のそばにもお洒落なパブがいくつかあります。
パブは老若男女、あらゆる人たちの社交場となっていて、毎晩ビールやワインとお喋り(ホントにやかましい!)を楽しまれています。

さて、僕がそのパブに関して少々気に入らないところといえば、いつ行ってもタバコがもくもく。
日本や米国と違ってイギリス人にはあまり分煙や禁煙といった習慣が浸透していないようで、先日の新聞「メトロ」紙によると、一晩パブに行ったときの受動喫煙だけで、なんとタバコ3本吸ったのと同じ効果があるとか。
これさえ何とかしてくれれば、もう少し行く気になるんですけどね。

また面白いのは、パブにしてもレストランにしても必ず「ベジタリアンメニュー」が用意されているところ。
日本人にとって「ベジタリアン」というのはあまりなじみの無いものと思うのですが、厳しい立場の人はミルクやチーズも食べられない、とか、僕も含めて日本にとってはちょっと「神聖」なイメージが持たれているのではないでしょうか。

そんな僕にとって、先日の「デイリーテレグラフ」紙に載っていた世論調査結果は衝撃的なものでした。
その記事には、
「ベジタリアンを自称する英国人のうち約60%は、時々誘惑に負けて肉や魚を食べていることが分かった」
とあったのです。

これには「な、なんだってー!」と声を大にして言いたいところです。

それで思い出したのですが、イングランド北部出身の職場の同僚Aさん(推定24)も
「おいらはベジタリアンやってたんだけどさぁ、先月やめちまったんだよね。あははは。」
とかなんとか、能天気に話していました。

もちろん、宗教的な理由で食べられない人は厳格に守っているはずですから、そういった人を除けば、「肉を食べるベジタリアン」はさらに多いはず。

どうも彼らにとって、ベジタリアン、というのは「禁煙」と同じようなもので、「健康には良いとはいってもなかなか続けられんなあ」といった類のもののようなのです。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆英国衝撃の食事情! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。