2006年02月01日

紛らわしいぞパイント

前回気温の話をしたので、ついでにもうひとつ単位にまつわる話を。

以前住んでいたイギリスとアメリカは、もともと同じ国なだけあって「ポンド」(454グラム)や「マイル」(1.6キロメートル)など共通の単位を多く使うのですが、同じのようでありながら実は違う紛らわしい単位が、牛乳やビールなど飲み物の量の単位「パイント(PINT)」です。

百聞は一見にしかずということで、まずはそれぞれのパイントを比べてみましょう。

まず下の写真がイギリスの1パイントの牛乳。

3種のミルク

左下に小さく書いてあるとおり、1英パイント=568mlです。

次に、下がアメリカの牛乳。

アメリカ牛乳

こちらは1米パイント=473ml。
こっちのほうがだいぶ少ない!

ちなみに、上のイギリスの牛乳は、国家を挙げて牛乳のふたの色分けの仕方が統一されており、どうでもいいことに妙にこだわるイギリスらしさが感じられますが、アメリカは自由の国だけあって各メーカーのふたの色はバラバラのようです。

さて、どうして同じパイントなのにこんなにも量が違うのか、その歴史的経緯はWIKIPEDIAにも説明されていますが、実は深田恭子よりも深い理由があるのです。

その説明の前に、まずパイントはガロンの8分の1のことなので、アメリカ・ガロンとイギリス・ガロンがなぜ異なるのかということに話を置き換えて説明しましょう。

もともとイギリスにおける「ガロン」は、量るものによって「コーン・ガロン」や「ワイン・ガロン」など、微妙に違うさまざまな大きさの単位が使われていたそうです。
それらのうち、18世紀はじめにアメリカに伝えられたのが「ワイン・ガロン」(=3.79L)。
したがって、これを8で割ると今日の米パイント(473ml)になります。

ところが、イギリス議会は19世紀はじめになって「いろいろな大きさのガロンがあるのはけしからん!ひとつに統一しよう。」という話になり、単純に10ポンド分の水の体積(454mlx10=4.54L)を1英ガロン(IMPERIAL GALLON)としたのです。
したがって、イギリスのパイントは、単純に1ポンドの水の体積(454ml)を10倍して(4.54L)、それを8で割っただけ(568ml)のことだったのです。

というわけで、ちょっと意外なことにイギリスのパイントのほうが歴史が浅いということになりますね。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

気温を暗算で換算する方法

ワシントンの冬の寒さは強烈だぞー、と前々から周囲に脅されていたのですが、この冬はどういうわけか異常に暖かな日が続いています。

それも、下の写真のように霧が出たりして、もわあっとした生暖かい日が多いです。

霧のワシントン

地元の人に言わせると、こんなことはきわめて珍しいのだとか。

今年に入りもう一月が過ぎようとしていますが、これまでのところ最高気温が平年を超えたのはわずかに4日だけ。
ニュースによると今日の最高気温は64度まで上がったそうです。
もちろんこれはアメリカで一般的な「華氏」でのことですが、華氏表示の温度ってなかなかなじめなくてピンとこないですよね。

華氏(F)を摂氏(C)に正確に換算するには「C=(F−32)x5/9」という計算をしなければならないのですが、こんなのとても暗算できないですよね。
そこで、友人に教えてもらった方法は、「華氏から32を引いて、2で割って、10%足す」というもの。
これでもちょっと覚えづらいけど、なんとか暗算はできそうです。

たとえば今日の気温64Fは、「(64−32)÷2+10%」となるので、約18Cと分かるわけです。
この方法だと、誤差はわずか1%ほどなので、かなり正確に換算することができます。

今の時期の平年の最高気温は7Cくらいだそうなので、10度以上も高いポカポカ陽気であることがお分かりいただけるでしょう。
どうりで暖かいわけだ。
このまま春になってくれるといいのだけどなあ・・・。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

フェリスナビダッド♪

アメリカはすでにすっかり祝日モードのようで、ワシントンの地下鉄も今日はがらがらでした。
筆者もこれから空港に向かって出発です。

にもかかわらず、こんな日に限ってトラブルが発生。
室内の煙探知機が「ビビビー!!」と突然なりはじめて、窓を開けても電池を抜いても止まりません。


大家さんに言ったら、どうやら壊れている模様で、すぐにメンテナンス係がきてくれました。
さすが、以前住んでいたどこかのU国とは違って仕事が速いです。

かなり酒臭いメキシコ人風のおっさんでしたが、「フェリスナビダッド〜(メリークリスマス)♪」と歌いながら陽気に取り外してくれました。

feliznavidad

どういうわけか筆者も「FELIZ NAVIDAD〜♪」とずーっと一緒に歌わされました。
そのせいでさっきからずっとこの曲のフレーズが頭から離れません。
「フェリスナビダッド♪ プロスペロアンニョイフェリッシダっ♪・・・」
この曲、日本ではあまり馴染みがないけどヒスパニック系住民の多いアメリカでは聴く機会がとても多いです。

それでは、皆さんも素敵な祝日を。

↓は先日見に行ったNYロックフェラーセンターのツリーです。

ロックフェラー



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

雪のワシントン

今日のワシントンはこの冬始めての本格的な雪になりました。

washingtonsnow

12月に入ってから最低気温は連日氷点下。
ワシントンもいよいよ冬本番です。

ユニオン駅にもいつの間にか大きなツリーが飾られていました。

christmas tree in union station

しんしんと降る雪の中、ほのかに輝くツリー。
いつもより静かな町は、ひときわ神聖な空気に包まれているかのようで、深い畏敬の念と、人間という存在の小ささを思わずにはいられません。
世界中から戦火が止み、このような静かな祈りに包まれる日は果たして来るのでしょうか。

いつもの筆者は宗教とはあまり縁がなく、どちらかというとドラクエで教会に行くときを除いてはあまり信仰心を感じないタイプなのですが、今日だけはいつもの変態日記を書くのをやめて、詩人になろうと思います。



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

大統領のクリスマスツリーが点灯

アメリカで迎える初めてのクリスマスシーズンがやってきました。

アメリカの場合、11月下旬に感謝祭があるのでシーズンのスタートは欧州より遅い感があるのですが、感謝祭を過ぎるとあちこちからクリスマスソングが流れクリスマスムード全開になります。

ここワシントンは黒人が人口の約65%を占める町なので、ラジオで流れるクリスマスソングもそれを反映して「恋人はサンコン〜」などが多いと思っていたのですが、そうでもないようです。
やはり、彼らもサンタクロースがギニアからやってくるのはいただけないのでしょうか。

ところで、クリスマスシーズンに欠かせないのがクリスマスツリーです。
ブッシュ大統領を迎えて点灯式を済ませたばかりのホワイトハウス前の広場エクリプスの「ナショナルクリスマスツリー」を見に行きました。

ホワイトハウスとツリー

このクリスマスツリーは1923年に当時のクーリッジ大統領が最初のツリーを点灯させて以来、今年で83回目を迎える恒例行事です。

何年か前には、このツリーを題材にした日本の映画がありました。
羽田美智子と別所哲也が出演した「大統領のクリスマスツリー」がそれで、「大統領のクリスマスツリーの前で出会った二人は永遠」というフレーズが出てくるとてもロマンチックな映画です。
ぜひビデオなどでチェックしてみてください。
ちなみに筆者は見る予定はないです。

今年の点灯式は、ブッシュ大統領夫妻とともにハリケーン「カトリーナ」で被災した子供たちにおもちゃを贈る活動をしている地元の女の子たちも招かれて、ともにスイッチを押したとのことです。

高さ12メートルの巨大ツリーの周囲には、全米50州と米国領の各地域から贈られた小さなツリーもあって、すべて写真に撮ろうかと思ったのですが寒くてそれどころじゃなかったのでやめました。

ツリーは1月1日まで飾られるそうです。

national tree



posted by fumifumi at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ■米国あれこれ体験記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。